アジアンタムの育て方!枯れたら株元から切り戻して復活【観葉植物】別名ホウライシダ、クジャクシダ

アジアンタム

アジアンタムは葉に霧を吹いても水をはじいて濡れません。

そのことからギリシャ語で「湿らない」という意味に由来してその名が付けられました。

アジアンタムには多くの種類があります。

  • アジアンタム・ラディアナム(ホウライシダ)
  • ミニマ
  • フリッツルーシー
  • アジアンタム・ペダツム(クジャクシダ)
  • アジアンタム・テネルム
  • アジアンタム・トラペジフォルメ

アジアンタムの育て方

アジアンタム

別名 ホウライシダ
クジャクシダ
科名 ホウライシダ科
原産地 熱帯アメリカ
日当たり 半日蔭
耐寒性 最低5℃以上

自生地ではあまり日が強くない森の中に生えています。

アジアンタム・ラディアナムは株が大きくなり高さが80cmくらいにまで成長します。

枝が長くなってくるとボリュームが増し垂れるように成長します。

大きい鉢には葉が大きい種類、小さい鉢には葉が小さい種類を選ぶといいでしょう。

アジアンタム育て方カレンダー

置き場所

室内で管理するときはレースのカーテン越しくらいの光を当てるようにして育てます。

夏に屋外に出すときは半日蔭で管理しましょう。

アジアンタムは半日蔭が好きなので耐陰性もありますが、あまり日が当たらないと間延びして弱い株に育ってしまします。

水やり

春から秋にかけては土の表面が乾く前に水をあげます。

冬は土の表面が完全に乾いてからあげるようにしましょう。

乾燥すると葉がチリチリになって枯れてしまいます。

こまめに霧吹きで水をあげて、夏にはシャワーで葉全体を濡らしてあげます。

肥料

春に緩効性の肥料をあげると効果が長くきくので、しばらく追肥しなくても大丈夫です。

もしくは春から夏にかけて薄めの液肥をあげるようにしましょう。

病害虫対策

屋外に出すとナメクジがよってくるので被害に合わないように注意してください。

アブラムシもまれに付くことがあるのでたまに確認してみましょう。

仕立て直しと増やし方

大きく育ってくるとバランスがくずれて見た目が悪くなるので植え替えましょう。

根詰まりをおこして葉の色が悪くなっても同様に4~7月の温かい季節に植え替えます。

株を鉢から抜いて土の底を全体の1/3くらい思い切ってバッサリと切ります。

そのまま同じ鉢に植えるか、株が混んでいる場合は株分けしましょう。

強い日光にあてたり乾燥したりすると葉がチリチリになって枯れるので、思い切ってバッサリと株の生え際まで切り戻します。

ビニール袋に入れて湿度を保って日陰に置いておくと、1ヶ月位で新芽が出てきます。

チリチリになる前なら復活できる

水やりが遅れると葉の先が垂れて内側にまるまってきます。

チリチリになってしまうと手遅れですが、しおれた程度ならまだ復活できる可能性があります。

水をあげて株全体がすっぽりはいるくらいの大きさのビニール袋にいれて霧吹きで葉に水をあげます。

袋をしばって日陰に置いて半日くらいで元気になります。

これで元気にならなければ残念ながら手遅れですので、しおれた部分を切っておきましょう。

枯れた部分を切り戻す方法

アジアンタムはエアコンや強い風に当たったり、環境の変化で葉が枯れてしまいます。

一部が枯れた程度なら切り戻しておきましょう。

①枯れた葉や折れた枝がある場合、株元から切ります。

②乾燥させないように霧吹きでこまめに水を与えながら、レースのカーテン越しの光で育てます。

③半月ほどで元の大きさまで成長します。

株元から切り戻す方法

めちゃくちゃ枯れて元気な葉が一つもないような状態になってしまったら、そのまま育てていても枯れていくだけなので、思い切って株元から切り戻すようにします。

①株元を3cmくらい残してすべて切り落とします。(新芽が出ている場合は残す)

②鉢から抜いて古い土を叩いて落とし、手でほぐしながら傷んでいる根を取り除きます。

③土の底1/3くらいをごっそり取り除きます。

④鉢にネットを敷いてゴロ土を入れて土を入れます。

⑤株を入れて隙間に土を入れていきます。

⑥割りばしを刺し前後に揺すって、土を入れて隙間を埋めます。

⑦水をたっぷりといれて鉢を大きめのビニール袋に入れて空気を入れて縛ります。

⑧まめに霧吹きで水を与えて管理します。

2週間くらいで新芽が出てきて2ヶ月くらいには大きく育ちます。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です