アイビーの育て方!取り木で簡単に増やせる【観葉植物】別名ヘデラ、イングリッシュ・アイビー、セイヨウキヅタ

壁一面のアイビー

古くからアイビーと呼ばれていましたが、最近はヘデラと呼ばれることが多くなりました。

一番出回っているヘデラ・へリックスセイヨウキヅタの和名があり、いろいろ新しい園芸品種が出てきています。

緑葉以外にも白や黄色の斑(ふ)入りのものや、青や黄色の色味を帯びた種類など様々で葉の形もいろいろです。

ヘデラ・カナリエンシスオカメヅタの和名があり、壁一面に張り巡らせたりグラウンドカバーにも用いられます。

アイビーとヤツデの交雑種のファツヘデラはヤツデを小さくした形でバリエガタなどの斑入りの種類もあります。

アイビー(ヘデラ)の育て方

アイビー、ヘデラ

  • 別名 イングリッシュ・アイビー、セイヨウキヅタ
  • 科名 ウコギ科
  • 原産地 ヨーロッパ、北アフリカ、西アジア
  • 日当たり 日なた
  • 耐寒性 最低3℃以上

自生地では湿潤な森の少し日が差すくらいの場所に生育しています。

茎の途中から気根を出して大きな木に根を張って、よじ登るように伸びていきます。

大きくなると葉の大きさが10cmくらいになり、茎の長さは20~30mほど成長します。

耐陰性耐寒性があり丈夫なので、初心者には育てやすい植物です。

葉の形や斑の入り方は育て方によって変わり、日光が足らなかったり肥料を与えすぎると緑葉が出やすくなります。

アイビー育て方カレンダー

置き場所

室内では日に当たるところにおきます。

夏に屋外に出すときはいきなり直射日光に当てると、日焼けして最悪枯れてしまうので徐々に慣らしてから日光に当てるようにします。

日当たりが悪いと徒長して色が悪くなったり、淡い斑入りなったりします。

水やり

春から秋にかけては土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

冬は1回の水の量は変えずに、水やりの回数を控えるようにしましょう。

肥料

春に緩効性の肥料を与えます。

春から夏にかけては薄い液肥を2週間に1回を目安に与えてください。

病害虫対策

アイビーは成長するとうっそうと茂ってくるので風通しが悪くなってきます。

風通しが悪いとカイガラムシが発生することがあるので、剪定や植え替えなどをして定期的に風通しをよくしてください。

仕立て直しと増やし方

鉢が根でいっぱいになると根詰まりをおこして生育が悪くなるので、そうなる前に植え替えをします。

茎が長く伸びすぎると見た目やバランスが悪くなるので、剪定してバランスを整えます。

下葉が落ちた茎は見た目が悪いので、思い切って短くすると脇芽が伸びて全体にボリュームを出すことができます。

切った茎は挿し木にすると簡単に増やすことができます。

剪定と植え替えの方法

アイビーは成長が早いのでそのままにしておくと、つるが伸びすぎてだらしない姿になります。

さらに根詰まりをおこして下葉が落ちてしまうので、植え替えるようにします。

  1. 鉢の縁から少し垂れるくらいの位置で切り戻します。
  2. 鉢から抜いて土の底の部分の根を少し崩します。
  3. 土をたたいて古い土を軽く落とします。
  4. 鉢底ネットを鉢に入れて穴をふさぎます。
  5. ゴロ土を少し入れて、鉢の底に土を入れます。
  6. 鉢の真ん中に株を入れ、周りから土を入れます。
  7. 根を傷つけないように割り箸をさして、前後にゆすります。
  8. 沈んだ部分に土を入れて隙間をなくします。
  9. 鉢の下から水が染み出るくらいたっぷり水をあげます。

新芽が出るまでは直射日光に当てないように気をつけましょう。

挿し木で増やす方法

剪定した茎を捨ててしまう前に、挿し木で増やしてみましょう。

斑入りの種類は斑がきれいな部分を挿し木に使います。

  1. 剪定した茎の中のつるが堅くて葉が沢山ついてる部分を8cmくらいに切ります。
  2. 下の方の葉を取って挿し穂を作ります。
  3. 30分ほど茎を水につけておきます。
  4. 湿らせた土に割り箸など細いもので穴をあけます。
  5. 3cmくらいの深さに挿し穂を挿して周りの土を押さえます。
  6. 風通しのいい半日蔭で土が乾かないように管理します。
  7. 1ヶ月くらいたって新芽が出てきてどんどん成長してきたら発根したサインです。
  8. 根っこに土がついたまま掘り出します。
  9. 6cmポットに1~3本植えつけます。

新芽が伸びだしたら先端の芽を摘み取ると、枝分かれしてボリュームが出ます。

取り木で増やす方法

アイビーはつるの一部を土に埋めておくとそこから根が出てきます。

この方法は曲げ取り方(圧条法)と言って取り木の一種です。

根が出てから切り離すので失敗が少ないのがポイントです。

  1. 6cmくらいの鉢にゴロ土をいれて、そのうえから土を入れる。
  2. その鉢に伸びたつるが土にしっかりと付くようにしてUピンで留める
  3. Uピンで留めたつるの部分にすこし土を盛っておく。
  4. そのまま親株と一緒に水をあげて育てる
  5. 1ヶ月くらいして取り木した部分から新しい芽が出てきたら発根のサインです。
  6. 親株からつるを切り離しUピンを外します。

そのままミニ観葉植物としてしばらく育てられます。

つるが長く伸びてきたら植え替えましょう。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です