アスプレニウムの育て方!植え替えでバランスを整える【観葉植物】別名オオタニワタリ、チャセンシダ

アスプレニウム

世界中で自生している常緑のシダで日本にもオオタニワタリという種類が自生しています。

アスプレニウムは葉に切れ込みが入るのと入らないのがあります。

シマオオタニワタリと言われるニドゥスは幅広い光沢のある葉が美しく切れ込みは入りません。

園芸種のアビスは鉢物が多く、似ているオオタニワタリと言われるアンティクムは葉が肉厚で切り葉としても流通しています。

葉が細かく切れ込むブルビフェルムはマザーファンと言われ、成長すると葉に子株を付けます。

アスプレニウムの育て方

アスプレニウム

別名 オオタニワタリ

チャセンシダ

科名 チャセンシダ科
原産地 全世界の熱帯や寒帯
日当たり 半日蔭
耐寒性 最低5℃以上

自生地では湿潤な森の中に根を張って大株に成長します。

そして大木の幹や岩場などにくっついて(着生)している姿もよく見ます。

自生地の状態を再現して岩にくっつけて育てるのも楽しいです。

オオタニワタリなどは成長するとどんどん葉が出て大きくなるので鉢が倒れやすいです。

大きな鉢でスペースに余裕がある場所で育てるようにしましょう。

アスプレニウム育て方カレンダー

置き場所

部屋の中ではレースのカーテン越しの光で育てると丈夫に育ちます。

夏に屋外に出すときは明るい日陰に置くようにしましょう。

耐陰性と耐寒性があるので北向きの窓辺でも育ち、水を控えめにすれば凍らない程度の低温で冬を越えることができます。

水やり

春から秋にかけては土の表面がやや乾いたらたっぷりと水をあげます。

冬は土の表面が乾いてから1~2日してからあげます。

湿潤な森で育つアスプレニウムは空中湿度を好むので、こまめに霧吹きで水を与え夏はシャワーで葉に水をかけてあげます。

肥料

春に緩効性の肥料を与えるとよく育ちます。

もしくは春から夏にかけて液肥を月に2回程度与えます。

病害虫対策

外に出すとナメクジがよってくるので被害にあわないように注意してください。

ごきぶりホイホイのようなナメクジ版のものがあるので、薬で植物を気づ付けないのでおすすめです。

仕立て直しと増やし方

鉢から大きく育ってバランスが悪くなったら、大きめの鉢に植え替えましょう。

傷んだ根や古い土を落として、水はけのいい土に植え替えます。

水をあげすぎると根腐れをおこして下葉が枯れて葉の枚数が少なくなってしまいます。

根腐れ防止剤を入れるか水やりに注意して管理してください。

増やし方は葉の裏にできた胞子をまくか、子株できる種類は子株で増やします。

植え替えの仕方

大きくなると見た目やバランスが悪くなり、根詰まりをおこして成長も悪くなります。

一回り大きな鉢に植え替えて整えてあげましょう。

①鉢から抜いて土の底1/3くらいを落とします。

②一回り大きな鉢にゴロ土を入れて、水はけのよい土を入れます。

③少し深めに植え付けて葉が邪魔にならないように手で押さえて、隙間に土をいれていきます。

④はしを刺して前後に揺すって出来た隙間に土を入れます。

⑤アスプレニウムは自然に葉が落ちないので、枯れた葉や形の悪い葉は株元から切っていきます。

⑥たっぷりと水を与えてこまめに霧吹きで葉に水をあげましょう。

湿度が不足すると上手く育たないので湿度管理には気を付けましょう。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です