手軽な観葉植物でクリスマスツリーを室内に!

いつも購読ありがとうございます!

クリスマスツリーを室内に置きたいけど、さすがにもみの木は置けないと思っていませんか?

かといって造り物のツリーを買ってもクリスマスが終わってしまえばお払い箱だし、何か観葉植物でいいものがないかな~と思っているんだったら「ゴールドクレスト」がおすすめです。

ゴールドクレストはもみの木を小さくしたようなフォルムなので、飾り付けをしても遜色ないです。

クリスマスが終わってから観葉植物として置いておけるのでずっと楽しめます。

というわけで今回はゴールドクレストをクリスマス仕様にしたらどういう感じになるのかをご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大1

ゴールドクレストでクリスマスツリーを室内に


クリスマスツリーをプレゼントって感じですね。

鉢を銀紙で覆うとちょっと高級感がでます。

シンプルだけどクリスマスらしくていいです。


ゴールドクレストを頭だけ残してカットしたのを三本と、足元にガーデンシクラメンと初雪カズラを植えて、リボンと雪だるまをぶっ刺しただけですけどなんか豪華でいいですね。

右側のツリーは造り物かな?

派手に見えてる部分はあるけど、クリスマスが終わってからの観葉植物としてはいいかも。


これは一本バージョン。

クマがかろうじてクリスマスの雰囲気を出しています。


木の飾り付けは赤ポチだけなので、シンプルですが鉢覆うカバーが豪華ですね。

これだと手間がかからなくていいですね。

あ、でも下の飾りは土に刺してるのかな?

それが出るようにカバーしてるのかもしれませんね。

これはこういうカットのゴールドクレストを買ってこないとダメですね。

でも形としては面白いかも。

腕に自信のある方はカットにチャレンジしてみては?!

これは白リボンバージョン。


これシンプルだけど可愛いですね。

ガーデンシクラメンとクリスマスの定番ポインセチアを合わせてます。

たぶん寄せ植えではなくてそれぞれをかごに入れてるだけだと思うんですけどバランスがいい!

クリスマス要素を一切使っていないんだけど、クリスマスってわかりますよね。

これはうまいな~。


これもシンプルだけど巻いてるベルが可愛いですね。

でも一番上のリボンはいらないかも。

星の方が合うような気がします。


これは鉢がいいですね~、存在感があります。

土台がしっかりしてるから上の木も引き立ちますね。

ちっちゃいリボンもかわいいしなんだか色合いがいいです。


これだけ豪華に飾り付けるといいですね。

ここにさらに電飾を巻き付けたいです。


これは彼女へのプレゼントにぜひ!って感じです。

クマのワンポイントが可愛い。

このセンスは素晴らしいです。

最後に

クリスマスの飾り付けは工夫しだいでいくらでも良くなります。

値段の高い飾りを買うのもいいですけど、安いものを上手く使って豪華に見せるのも一つのテクニックではないでしょうか。

私は電飾が好きなのでとにかく巻き付けたいです。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー