コーヒーの木の育て方!根詰まりしたら鉢増しを【観葉植物】

いつも購読ありがとうございます!

コーヒーの木

コーヒーの木は濡れたような光沢のある葉が美しく、熱帯アフリカやアジアに自生しています。

エチオピア原産のアラビカ種はラテンアメリカを中心に最も生産量が多く、園芸品として多く流通しています。

ミニ観葉として出回っているのは、アラビカ種の種から育てた実生苗か挿し木苗です。

中には丈が低いわい性の園芸種もあります。

ジャスミンに似た香りの白い花をいっぱい咲かせ、赤い実をたくさん付けます。

その実から種をとって乾燥させてから焙煎したものが、僕たちがよく知っているコーヒー豆です。

スポンサーリンク
レクタングル大1

コーヒーの木の育て方

コーヒーの木のミニ観葉

別名
科名 アカネ科
原産地 エチオピア
日当たり 日なた
耐寒性 最低10℃以上

コーヒーの木は光沢のある葉が美しい常緑樹です。

株が小さいうちは耐陰性が高いので、日当たりが悪い場所でも育てることができます。

鉢物として最も流通しているアラビカ種は、自生地では10mくらいの大樹に生長することもあります。

コーヒーの実を取りたいなら日当たりの良い場所に置いて、1m以上の大株に育てましょう。

1m以上に生長して幹が十分に太ったら、赤い実をたくさん付けてくれます。

コーヒーの木の育て方カレンダー

コーヒーの木の育て方カレンダー

このカレンダーは晩春から夏は屋外で管理することを基準に、略して表記しています。

◆日当たり:【ガラス】ガラス越しの日光に当てる。【光線】光線の当たる場所に置く。【半日陰】木漏れ日が当たる程度の明るい日陰に置く。【レース】レースのカーテン越しの日光に当てる。

◆水やり:【やや】やや表土が乾いたら与える。【表土】表土が乾いたら与える。【鉢土】鉢土の表土が完全に乾いたら与える【乾かし気味】鉢土の表土が完全に乾いてから数日~数十日後に与える。

コーヒーの木の置き場所

コーヒーの木の置き場所のポイントは

  • 年間を通して日当たりの良い場所
  • 夏は屋外の半日陰から徐々に慣らす
  • 苗のうちは半日陰
  • 冬は15℃以上を保つ

コーヒーの木は株が小さいうちは耐陰性が高いですが、基本的には年間を通して日当たりの良い場所に置きます。

しばらく室内で育てていると強い日差しに弱くなるので、夏に屋外に出す場合は半日陰に置いてから、徐々に慣らして直射日光に当てるようにします。

株が小さい苗のうちは半日陰で管理しましょう。

コーヒーの木は寒さに弱いので冬は最低10℃以上、できれば15℃以上を保つと生長が安定します。

コーヒーの木の水やりの仕方

コーヒーの木の水やりでおさえておきたいことは

  • 春と秋は表土が乾いたら
  • 夏は表土が乾きはじめたら早めに
  • 冬は表土が乾いて1日おいてから

春は土の表面が乾いたらしっかり水を与えて、夏は土の表面が乾きはじめたら早めに与えます。

秋は土の表面が乾いたら水を与えて、冬は土の表面が乾いたら1日おいたくらいに与えます。

コーヒーの木の肥料の与え方

コーヒーの木は暖かくなってきた春に、元肥として緩効性の肥料を与えます。

よく生長する春から夏にかけては、薄めた液肥を2週間に1回の頻度で与えましょう。

コーヒーの木の病害虫対策

コーヒーの木は葉にカイガラムシが発生しやすいです。

放っておくとスス病やサビ病が発生する可能性があるので、発見したら早めに対処しましょう。

観葉植物に白い綿のようなものが付くことがあります。 最初は部屋のホコリがついたのかなと思いますが、実はこれコナカイガラムシという虫です...

コーヒーの木の仕立て直しと増やし方

コーヒーの木

日当たりが良く水もちゃんとあげているのに、葉先から枯れ込んできたり下葉が落ちてきたら、根詰まりしてる可能性があります。

根詰まりしたらひと回りかふた回り大きい鉢に、新しい用土で植え替えましょう。

植え替えるときには込み入った枝を間引きますが、切り落とした枝を挿し木にして増やすことができます。

挿し木にする枝は充実した部分を10cmくらいに切って、大きい葉を半分に切って土に植え付けます。

種から育てるときは採取したときにまいて15℃以上を保つと、すぐに芽が出てきます。

コーヒーの木の鉢増しの仕方

根詰まりしたコーヒーの木は葉先が枯れたり下葉が落ちるので、大きなサイズの鉢に植え替えます。(鉢増し)

  1. 鉢から株を抜き取ります。
  2. 根がびっしりと張っている根鉢を叩いて、古い土を落としながら根を崩します。
  3. ひと回り大きな鉢の1/5くらいまでゴロ土を入れて、排水性をよくします。
  4. 少し用土を入れてから株を入れ、さらに用土を入れていきます。

たっぷりと水を与えたら、新芽が出るまでは明るい日陰で管理します。

葉先が枯れたものは、葉柄ごと切り取ります。

枝の数を増やしたい場合は、頂点の新芽を摘み取って摘心します。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー