アロマティカスの育て方!株分けと挿し芽で増やそう【観葉植物】別名キューバオレガノ

アロマティカス

アロマティカスは葉が多肉質で白い産毛のような軟毛で覆われていて、葉をこすったり潰したりするとミントのような爽やかな香りがします。

利用の仕方はハーブとしてはもちろんのこと、料理やお菓子に紅茶などの風味づけやリキュールの材料などとしても使われます。

海外ではアロマテラピーなどにも利用されています。

大きな葉に白い斑が入るアンボイニクス(アンボイ綿)はさらに強い香りがします。

アロマティカスの育て方

アロマティカス

別名 キューバオレガノ
科名 シソ科
原産地 東アフリカからインド
までの熱帯地域全般
日当たり 日なた
耐寒性 最低5℃以上

自生地では日がよく当たる場所で育ち、たくさん枝を伸ばし大きな株に茂ります。

成長が旺盛で初心者にも育てやすい植物です。

株元からどんどん枝を出し成長しボリュームがある姿になります。葉が小さくてたくさんあってもコンパクトなので、可愛らしい株に育てることができます。

アロマティカス育て方カレンダー

置き場所

室内ではよく日が当たる場所に置くようにしましょう。

夏に屋外に出すときはいきなり直射日光には当てないよに、徐々に慣らしていきます。慣れれば直射日光でも元気に育ちます。

耐陰性も少しありますが光が足りないと間延びして葉の色が悪くなり、成長が悪くなります。

冬場は霜が当たらない場所で水を控えめに管理すれば、0℃近い環境でも冬越しすることができます。

水やり

春から秋にかけては土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

冬は1回の水の量は変えずに、水やりの回数を控えるようにします。

多湿にも乾燥にも比較的に耐えられます。

たくさん水を与えるよりは植物がしおれたり水が切れしない程度に、少なめに与えたほうが間延びせずに育ちます。

肥料

春に元肥として緩効性の肥料を与えると長く持ちます。

春から秋にかけて良く成長する時期は、薄い液肥を2週間に1回くらいを目安に与えるようにします。

病害虫対策

風通しが悪くなると新芽や葉の付け根にカイガラムシが発生しやすいので注意が必要です。

葉が茂ってきたら剪定するなどして風通しを良くしましょう。

まれにアブラムシが発生することもあります。

仕立て直しと増やし方

株が大きくなって葉が増えてくると密集して葉の中の方にまで光が入らなくなります。

すると葉が蒸れて黄変したり落ちたりします。

伸びすぎたら切り戻して密集している部分は葉や茎をすいて、形を整えてから植え替えるようにします。

株分けの仕方

株が成長しすぎると鉢より大きくなり、次第に下葉も落ちてくるので剪定してから株分けします。

①思い切って全体を刈り込みます。

②鉢から抜き、根っこを土ごと縦に半分に切り、古い土を落とします。

③根土を崩しながら株がバランスよく育つように整える。

④同じ大きさの鉢に植えて、水切れしないように新芽が出るまでは半日蔭で管理します。

挿し芽で増やす

剪定で切った葉茎を挿し芽で増やすことができます。繁殖力が強いので初心者にも簡単です。

①茎を7~8cmに切り、下葉を2,3枚取ります。

②挿し木用の土を湿らせて割り箸などで穴を空ける。

③挿し芽を挿して、新芽が伸びたら一株ずつ植え替えます。

摘芯してわき目を延ばすとこんもりした株に育ちます。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です