ダイソーにある木になるミニ観葉植物の種類は?

いつも購読ありがとうございます!

ダイソーにある観葉植物はどれも小さいですが、しっかりと育てると大きな「木」になるものもあります

我が家ではダイソーで買った5cmくらいのものが、3mを超えたこともありました。

その後はマンションだったので諦めて剪定してしまいましたが、そのまま育てていれば倍にはなっていたと思います。

大きい観葉植物は結構高いものが多いので、100円で買ったものを1万円で売っているくらいの大きさに育てることも出来ます。(大きさだけで値段は決まりませんが。)

今回は育てていくと最終的には大きな「木」になる観葉植物をご紹介します

スポンサーリンク
レクタングル大1

カポック


正式名称はシェフレラといいますが、ダイソーではカポックとして売っています。

最初は本当にちっちゃくて赤ちゃん植物みたいなのに、ひとたび成長しだすと尋常じゃないスピードで大きくなっていきます

成長に合わせて鉢植えをどんどん大きくしていくと、それに合わせて幹も太く高くなっていきます。

大木にするには地面に植えないとダメですが、最終的には10m以上になります。

こうなるともはや観葉植物ではないです。

コーヒーの木


コーヒーの木と聞いた時点で、あ~木になるんだなとすぐにわかりますね。

名前からもすぐわかりますがコーヒー豆ができる木です

日本に流通してるほとんどのものがモカやブルーマウンテンができる品種なので、コーヒー好きの人は頑張って育ててみるのも面白いですね。

部屋で観葉植物として育てると2mが限界ですが、大きく育てると8mくらいになるので、これも大木になります。

パキラ


パキラはたまに実生株(種から育てた)が売っていますが、ほとんでが挿し木が途中でちょん切っています。

ダイソーで売っているのは挿し木タイプですが、たまにやたらと株が太っ!って思う時ないですか?

パキラって実際どのくらい大きくなるのか気になっていたんですが、やっぱり大木でした。

しかも今までで一番でかい15mの巨木になるみたいで、想像もつきません。

これも部屋では2mくらいが限界なので、お外でしかも実生株を育てる必要があります。

あれ?でもダイソーは全部挿し木だったような。。

パキラは今回のテーマとちょっと違いました。

※追記:最近ではダイソーでも実生株のものが売られています。

挿し木だとどれくらい大きくなるのかわかりませんが、今度チャレンジして報告したいと思います

最後に

今回のテーマは観葉植物という枠を大きく超えてしまいました。

でもたまにはこういう壮大なテーマもいいですよね。

実は僕はこういう事の方が好きです。

というわけで大きく育てたい人は、ぜひ一度チャレンジしてみてください!

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー