銀座ミキモトのクリスマスツリーを山野楽器が継承!切っ掛けはあの人の一言?【羽鳥慎一モーニングショー】

切っ掛けは長嶋一茂さんの一言でした。


2014年で銀座ミキモトのクリスマスツリーは
なくなってしまいましたが、今年からは隣の山野楽器が
継承
することになりました。


今回は山野楽器がクリスマスツリーを
点灯するにあたった経緯を「羽鳥慎一モーニングショー」
でやっていたのでご紹介します。


銀座ミキモトのクリスマスツリーを山野楽器が継承する切っ掛けになったあの人の一言

街がすっかりクリスマスの雰囲気になってきましたね^^


クリスマスの時期、日本でもっとも賑わう場所の一つに
東京の銀座があります。


ミキモトのクリスマスツリー


毎年この時期に銀座のシンボルとなっていた
宝飾店・ミキモトのクリスマスツリーが去年惜しまれつつ
姿を消してしまいました。


ところが、そこに待ったをかけたのは
長嶋一茂さんの一言
でした。


ミキモトがツリーの展示をやめると聞いたとき
山野楽器の山野政彦代表取締役社長は「長年ずっと隣に合ったものが
なくなってしまうので、正直寂しい」という思いがありました。


そこで「じゃあ俺がやろう」と踏み切ったかというと
そうではないそうです。


最初はただ寂しいなと思っただけだったんですが
テレビで長嶋一茂さんに名指しで「山野お前がやれ!」と言われました


テレビから言うなんて一茂さんらしいですよね^^;


長嶋一茂の一言

それは以前、羽鳥慎一さんの「モーニングバード」で
ミキモト最後のツリーを特集していたコーナーで長嶋一茂さんが、


「僕、山野楽器の社長と幼稚園から大学まで
ずっと一緒で」
という話をした後にカメラに向かって
「山野、やれおまえ!」と言い放ちました。


長嶋一茂さんが「山野、やれおまえ!」と言ったシーン


それを言われた瞬間に山野社長は「え?」って
思ったそうです。


知人からも「一茂くんから名指しで言われたよ」
いろんなところから聞いて、最終的には「ここでやらなきゃ
男じゃない」
とそんな感じになってしまいました。


まわりからジワジワと責められたんですね(笑)


山野社長にとって一茂さんは腐れ縁で
子供のころからずっと一緒の学校で育った
唯一の友人
なんです。


一茂さんと山野社長の昔の写真


山野社長はいつも「かっちゃん」と呼んでいるそうです^^


ちなみに一茂さんは「ヤマケン」(ケンはどこから?)と呼んでいるみたいです。


親友と銀座への想いが新たなクリスマスの
シンボル誕生へと繋がったんですね。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です