ギヌラの育て方!伸びすぎたら切り戻して挿し芽で増やす【観葉植物】別名ツルビロードサンシチ、ベルベット・ツリー

ギヌラ

ギヌラは葉や茎に紫色の軟毛が密集して生えるので、まるでビロードのように美しい姿をしています。

よく出回っているのはパープル・パッションという種類で美しい光沢で、ガーデニングの寄せ植えとしてもよく使われています。

日本のサンシチソウの仲間のジャワ島原産のギヌラ・アウランティアカ(ビロードサンシチ)は、少し淡い感じの丸みを帯びた葉が特徴です。

ちなみにサンシチソウはアザミに似ていて、民間薬としても利用されています。

ギヌラの育て方

ギヌラ

別名 ツルビロードサンシチ
ベルベット・ツリー
科名 キク科
原産地 ジャワ島
日当たり 日なた、半日蔭
耐寒性 最低5℃以上

原産地のジャワ島などでは地面に這うようにして広がりながら自生しています。

ギヌラはオレンジ色の小さな花を咲かせますが、あまりいい匂いはしません。そのまま放っておくと白い綿上になります。

大きく育つと枝分かれしてボリュームが出てきます。

アウランティアカは小さくて低い木の姿ですが、パープル・パッションは半つる性なので吊り鉢にしたり高いところに置くようにすると、見栄えが良くなります。

ギヌラ育て方カレンダー

置き場所

部屋の中で育てるときは明るい場所を好みますので、窓辺で陽の光に当てるようにします。

夏に屋外に出すときは直射日光に当たらないようにして、明るい日陰に置くようにしましょう。

水やり

春から秋にかけてはよく成長するので、土の表面が少し乾いてから水をあげるようにします。

冬は乾燥気味に育てると徒長せずに美しい株姿になります。

ただ水分や湿度が不足すると葉が裏側に巻き込んでしまうので、乾燥しすぎには注意が必要です。

こまめに霧吹きやシャワーで葉を濡らすようにしましょう。

肥料

春には植えるときにゆっくりと効き目のある肥料を一緒に与えます。

春から夏にかけてのよく成長する時期は、薄めの液肥を2週間に1回程度を目安としてあげるとよく育ちます。

病害虫対策

新しく出てきた芽や葉の付け根にカイガラムシやハダニやアブラムシが発生することがあります。

こまめにチェックをして対策をしましょう。

仕立て直しと増やし方

ギヌラは新芽や新しい葉が出ているときが一番美しい姿をしています。

古い葉はビロードのような質感が薄れ美しさ半減ですので、伸びてきて古い葉が多くなってきたら切り戻していきます。

切り戻すと新芽がたくさん出てくるので、5月~8月の暖かい季節に切り戻したり植え替えたりします。

下の方の葉が落ちた株は地面から5~10cmを残して、思い切って切り戻しましょう。

切った株は挿し芽にして増やすことができます。

切り戻して挿し芽で増やす

伸びすぎて全体のバランスが崩れたり、古い葉が多くなって見た目が悪くなってきたら切り戻します。

切り戻した茎は挿し芽にして増やしましょう。

①長く伸びてバランスの悪くなった茎は、株元の近くで切り戻します。地面から5~10cmくらいの位置で切ります。

②葉がたくさん付いて元気な茎を10cmくらいに切り分けます。長い茎からはいくつか取れると思います。

③挿し木用の土を十分湿らせて、棒や割り箸などで穴をあけます。

④隣り合った葉が触れ合う程度の間隔で挿し芽を挿していきます。大きめの鉢ならいくつか挿せます。

⑤植えたところの土を手で軽く押さえます。

⑥たっぷり水を与えて新芽が伸びるまでは明るい日陰で管理しましょう。

新芽が伸びてきたら摘芯すると、わき芽を伸ばしてボリュームのある姿になります。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です