冬の寒さに強い観葉植物!【28選】

いつも購読ありがとうございます!

観葉植物の一番の天敵は冬の寒さです。

秋口までは元気に育っていたのに冬になると元気をなくし、もうすぐ春というところで無念に朽ち果てていくというのはよくあります。

愛情を込めて育ててきた植物が枯れていくところを見るのはとても悲しいですよね。

そういう思いをされた方は少なくないのではないでしょうか。

そこで今回はそういう思いを出来るだけしない為に、冬の寒さに強い観葉植物をご紹介していきます。

ここでご紹介した観葉植物は適切に管理することで、比較的容易に冬を乗り越えられると思います。

スポンサーリンク
レクタングル大1

キダチアロエ


耐寒性:3度
耐陰性:なし
乾燥:強い

アロエはもともとアフリカが原産地なので寒さと湿気には弱いですが、キダチアロエは比較的寒さに強いです。

乾燥や暑さにはかなり強いので育てやすい観葉植物です。

アロエは薬草としてよく使われていて、火傷に効くというのは多くの人に知られています。

オーガスタ


耐寒性:5度
耐陰性:ややあり
乾燥:強い

オーガスタは育てやすい観葉植物で上手に育てると、色鮮やかな花を咲かせるので人気があります。

バナナの葉っぱのような大きな葉が特徴的で、ボリューム満点でとても見応えがあります。

蒸散作用が他の観葉植物よりもあるので、加湿効果が期待できます。

オリーブ


耐寒性:0度
耐陰性:なし
乾燥:やや強い

オリーブの樹形はとても親しみやすくシンボルツリーとして人気があります。

オリーブと人との関わりはとても古く、紀元前3000年頃にはすでに栽培されていたと言われています。

耐陰性がないので日当たりのよい場所で元気に育ちます。

オリヅルラン


耐寒性:5度
耐陰性:あり
乾燥:やや強い

オリヅルランはランと付きますが、ランの仲間ではありません。

ユリ科の植物でランナーという細くて長い茎を伸ばして、その先に子株を付けます。

その子株が折り鶴のように見えた事から、この名前がついたそうです。

ガジュマル


耐寒性:5度
耐陰性:あり
乾燥:やや強い

ガジュマルは成長も早く育てやすいので、初心者にはおすすめの観葉植物です。

株元がタコの足に見える事から多幸の樹とよばれ、縁起のいい植物として親しまれています。

長く育てていくと幹から気根という根っこを出し、それが地面に到達すると太くなってさらに存在感を増していきます。

グリーンネックレス


耐寒性:3度
耐陰性:あり
乾燥:強い

グリーンネックレスは長く伸びた茎にグリーンピースのような丸い緑の葉っぱが付いています。

この葉っぱに水分を溜めておけるので乾燥には強いです。

グリーンネックレスはその名の通り、緑色のネックレスのような姿をしています。

ゴールドクレスト


耐寒性:0度
耐陰性:なし
乾燥:弱い

コニファーの一種のゴールドクレストはもみの木の代用品として、よくクリスマスツリーに利用されています。

いろいろな種類があり背の高いものや低いもの、樹形が丸くなるものから地を這うように伸びていくものまであります。

寒さには強いのですが乾燥に弱く耐陰性もないので、室内で育てるには向きません。

コルディリネ・オーストラリス アトロプルプレア

コルディリネ・オーストラリス アトロプルプレア
耐寒性:-3度
耐陰性:ややあり
乾燥:強い

乾燥に強く耐陰性もあるので育てやすい観葉植物です。

園芸品種のアトロプルプレアは銅色の葉が美しく、細長い葉が四方に広がる姿が特徴的で人気があります。

年間を通じて外で育てることができます。

ザミオクルカス・ザミフォーリア(ザミア)


耐寒性:5度
耐陰性:あり
乾燥:やや強い

ザミオクルカス・ザミーフォリアは土から棒のような太い葉軸を伸ばして、光沢のある肉厚の葉を10枚くらいが連なって付いています。

最近はインテリアグリーンとしても人気のある観葉植物です。

地中にサトイモに似た塊茎をつけます。

サボテン


耐寒性:5度
耐陰性:なし
乾燥:強い

サボテンはもともと砂漠に自生している植物です。

昼間はものすごく暑く夜間は極端に冷え込むという環境で育つので、暑さや寒さには強いです。

ただ砂漠では昼と夜の寒暖差でバランスを取っているので、1日中寒かったり暑かったりだと弱ってしまいます。

なので冬は5度以下にしないように、夏は熱帯夜にサボテンが熱くなりすぎないように注意が必要です。

シェフレラ・コンパクタ


耐寒性:0度
耐陰性:あり
乾燥:やや強い

枝がまっすぐに伸びずに斜めに伸びていく、個性的な観葉植物です。

耐陰性もあり寒さにも強いので、ホンコンカポック同様に育てやすいです。

コンパクタというくらいなので、あまり大きくならずにコンパクトです。

シェフレラ・ホンコンカポック


耐寒性:0度
耐陰性:あり
乾燥:強い

耐陰性があり乾燥にも寒さにも強いので、初心者に一番におすすめしたい観葉植物です。

その丈夫さはナンバーワンと言っていい程で、枯らす方が難しいくらいです。

成長も早いので育てるのが楽しくなる植物です。

シュガーバイン


耐寒性:0度
耐陰性:ややあり
乾燥:やや強い

シュガーバインは手のひらを広げたような葉っぱがとても可愛らしい観葉植物です。

つる性の植物なのでどんどの伸びて横に広がっていきます。

つるを針金に巻き付けたりそのまま垂らしたり、いろいろな形で楽しむことができます。

シュロチク


耐寒性:0度
耐陰性:あり
乾燥:弱い

シュロチクは寒さにも強く日蔭にもつよいので、とても育てやすい観葉植物です。

ヤシの仲間ですが竹のような落ち着いた雰囲気を楽しめる人気の植物です。

強い風に当たると葉っぱが裂けてしまうので、風の当たらない場所か室内で管理する必要があります。

ストレリチア レギネ


耐寒性:0度
耐陰性:ややあり
乾燥:強い

ストレリチアはオーガスタの仲間なので、何となく似ています。

こちらの方が葉っぱが細くてスマートですね。

極楽鳥花ともいわれオレンジ色の綺麗な花を咲かせます。

トックリラン(ポニーテール)


耐寒性:0度
耐陰性:ややあり
乾燥:強い

トックリランはランと付きますが、ランの仲間ではありません。

株元がトックリのように膨らむのが個性的で人気があります。

細長い葉っぱがたくさん垂れ下がっているのが馬のしっぽのように見える事から、ポニーテールとも呼ばれています。

ドラセナ・マッサンゲアナ


耐寒性:5度
耐陰性:あり
乾燥:強い

ドラセナ・マッサンゲアナは幸福の木として昔から親しまれてきた観葉植物です。

幸福の木は丈夫で育てやすいので初心者から上級者まで人気があります。

挿し木であることがほとんどなので、小さなものでも太い株で存在感があります。

ハートカズラ


耐寒性:3度
耐陰性:ややあり
乾燥:強い

ハートカズラはつる性の観葉植物で、その名の通り葉っぱがハートの形をしています。

細長いつるにハート型の葉っぱが沢山ついている姿はとても魅力的で、別名ラブチェーンとも呼ばれています。

多肉植物なので十分に日をあててあげるとだんだん葉っぱが肉厚になってきます。

パキラ


耐寒性:3度
耐陰性:あり
乾燥:強い

パキラは観葉植物の定番中の定番で、丈夫で育てやすく初心者から上級者まで人気の植物です。

大きく広げた手のひらのような葉っぱが可愛らしく個性的です。

贈り物やお祝いの品としておすすめです。

フィカス・エラスティカ


耐寒性:0度
耐陰性:あり
乾燥:強い

フィカス・エラスティカは一般的にはゴムの木として出回っています。

天然ゴムを採取する為に育てられていたものを観葉植物にしたもので、その姿は個性的でとても存在感があります。

乾燥にも強く耐陰性もあるので室内でも管理でき、初心者にも育てやすい植物です。

フィロデンドロン・クッカバラ


耐寒性:5度
耐陰性:あり
乾燥:強い

クッカバラはギザギザの葉っぱが特徴的で、寒さにも比較的に強い観葉植物です。

茎から気根という根っこを出してそれが地面に到達すると、さらに細かい根っこを伸ばして成長します。

葉っぱが取れるとそこが模様になっていて、それが目玉のように見えます。

フェニックス・ロべリニー


耐寒性:0度
耐陰性:ややあり
乾燥:弱い

常夏の島の植物のような容姿が素敵な観葉植物です。

その容姿から寒さに弱そうな印象ですが、耐寒性があるので冬越えも可能です。

乾燥に弱いので定期的に葉水をすることで、病虫害の予防になります。

へデラ・へリックス(アイビー)


耐寒性:0度
耐陰性:あり
乾燥:やや強い

ヘデラと聞くとわからないという人もいるかと思いますが、ヘデラは別名アイビーとして多くの方に親しまれています。

ヘデラはつる性の観葉植物で、どんどん伸びて広がっていく姿は見ているだけで楽しめます。

枝の節々から気根をだして木や壁をよじ登るように伸びていきます。

ベンジャミン


耐寒性:5度
耐陰性:あり
乾燥:弱い

ベンジャミンはインテリアグリーンとして人気のある観葉植物です。

大変丈夫で育てやすいので初心者にはおすすめです。

耐陰線がありますが環境に慣れるまでにかなり落葉するので、知らないと心配になります。

ホヤ・カルノーサ(サクララン)


耐寒性:5度
耐陰性:あり
乾燥:強い

ホヤ・カルノーサはつる性の観葉植物で、茎の途中から気根という根っこを出して木や壁にへばりついて伸びていきます。

長く伸びたつるに花が咲き、その咲き終わった部分に来年も花が咲きやすいので、切らずにそのままにしておきます。

桜色の花を咲かせるのでサクラランとも呼びます。

モンステラ・デリシオーサ


耐寒性:5度
耐陰性:ややあり
乾燥:やや強い

モンステラといえば南国のホテルなどでよく見かける観葉植物です。

葉っぱに切れ込みが入りとても個性的で美しく人気があります。

生命力が強く成長が早いので育て方次第ではとても大きくすることができます。

ユッカ


耐寒性:0度
耐陰性:ある
乾燥:強い

ユッカは青年の木とも言われ観葉植物として多くの人に親しまれています。

とても丈夫な木なので初心者にも育てやすいです。

本来は最大10mくらいまで成長しその株元が象の足のように見える事から、エレファンティペスとも呼ばれています。

ワイヤープランツ


耐寒性:0度
耐陰性:なし
乾燥:弱い

ワイヤーのような細い茎と小さく丸い葉っぱが特徴的な可愛らしい観葉植物です。

育てやすく成長が早いのでどんどん横に広がって伸びていきます。

密集して育つので真夏の暑い時に水やりをしてしまうと蒸れて葉が落ちてしますので、涼しくなる朝方か夕方に水をあげるとよいでしょう。

最後に

ここでご紹介した観葉植物は比較的冬の寒さに強いですが、それでも確実に冬を乗り越えられるかはわかりません。

冬に強いからといって適当に管理しているとやはり弱ってきて、最悪の場合枯れてしまいます。

なのでこれらの観葉植物を適切に管理することで、冬を乗り越えられるということを忘れないでください。

冬を乗り越えた観葉植物は春になると新しい芽を出し、やがて青々として元気に育ち、また私たちを楽しませてくれるはずです。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー