100均で大人気のミニ観葉植物「パキラ」の育て方!

100均の園芸コーナーでよく見られる「パキラ」


小さくて可愛いのにしっかりと「木」の
姿をしているのでその存在感に惹かれる人は多いみたいです。


生命力が強く育てやすいので大変人気のあるパキラですが、
それでも枯れてしまうということが良く起こります


それはちょっとした管理の間違いから起こるもので
それを知らないが為に枯らしてしまう人も多いです。


今回はそういった間違いが起こらないように
パキラの育て方を詳しく説明していきます

パキラの育て方

パキラが強健な植物にもかかわらず枯れてしまう原因は
水のやり過ぎによる根腐れや、日照不足、葉の乾燥による病虫害などなど
適切な管理を怠ったことによる事が多いです。


いくら強い植物とはいえめちゃくちゃに育ててしまえば
弱って最終的には枯れてしまうので、しっかりと最低限の管理の仕方を
知っておくことが大切だと思います。


それでパキラの育て方を見ていきましょう。

パキラとは

学名:Pachira aquatica
科・属名:パンヤ科・パキラ属
別名:カイエンナッツ
原産地:メキシコから中米(ギアナ、コスタリカなど)
分類:常緑小高木(樹高7m~15mになる)
耐寒性:ややあり(5度以上、室内なら冬越し可能)
暑さ:強い
耐陰性:あり(日陰に強い、または日陰を好む)
育てやすさ:性質が強健

パキラはとても愛嬌のある観葉植物でその生命力の強さからくる
育て方の簡単さから、長い間人気を誇っています。


部屋のインテリアとしても素敵なので
初心者から上級者まで多くの人に親しまれています。


風水的には金運上昇の効果があり、花言葉も快活、運を導くということで
結婚祝いや引っ越し祝いなどにもよく利用されています。


もともとは7m~15mくらいの高木なので
とても生命力がつよく成長がとても速いです。


挿し木として売られてる事がよくありますが
実生株(種から育てた)だと幹がとっくりのように
ぷっくりと膨らんでいます。


幹からは軸を長く伸ばし、その先には
手のひらのような葉っぱを広げとても可愛く魅力的です。


花は糸のようなおしべが何本も束になって広がっていて
まるで光ファイバーのようです。


花びらは線形で細長いものがめくれた状態です。


開花後には果実が出来て、熟すと茶褐色の丸い種ができます。


種はカイエンナッツといって昔は食用にされていましたが
最近では微量の毒があることがわかったので今は食べられていません。


パキラは剪定に強いのでたくさん伸びてきたら
樹形を整えるためにザクザク切っても問題ありません。


根もあまり張らずに樹形も整えやすいので
大きくしないで育て続けることができます。


そして挿し木などで比較的簡単に増やせるので
枝が伸びてきたら挿し木にして増やすのもいいと思います。

病虫害が少なく乾燥にも強いので管理がしやすく
部屋のどこに置いても元気に育ちます。


丸太の状態で運んできてそれを土に植えるだけで
根っこが生えてくるまさに強靭な生命力の植物です。


しかしパキラは生命力が強く強健にもかかわらず
育ててみるとすぐに枯れてしまう事があります。


そして病虫害が少ないと言っても虫害などにあって
しまうと、一気に枯れてしまうことがあるので注意が必要です。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメント

  1. […] 100均で大人気のミニ観葉植物「パキラ」の育て方!/がじゅまる […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です