100均で大人気のミニ観葉植物「パキラ」の育て方!

土、植え替え

水はけが良ければどんな土でもいいので
市販の観葉植物の土などを使用するといいです。


自分でブレンドする場合は赤玉土(小粒)7に対し
腐葉土3もしくはピートモス3の割合で混ぜたものを使います。


パキラは成長が早いので鉢の中がすぐに根っこでいっぱいに
なってしまします。


そうなると根詰まりをおこし水はけが悪くなり
葉が落ちて、最悪の場合枯れてしまいます。


そうならないように植え替えは定期的に行ってください。


植え替えのタイミングの目安は2年以上植え替えていなかったり、
水はけが悪くなったり、鉢の下から根が飛び出してきたら植え替え時期です。


木が成長しすぎて鉢とのバランスが悪くなった時にも
植え替えていいかもしれません。


植え替えは5月~9月にできますが最適の時期は
5月~7月です。


植え替えの仕方は鉢から抜いた株のまわりの土を
3/1ほど落とします。


鉢から抜けない時は鉢をガンガン叩くと
土が浮いて抜けやすくなります。


鉢の下からでた根が引っかかっている場合は
根を切り落としてから抜きます。


その後に痛んで黒ずんだ根っこを切り落としていきます。


次に一回り大きい鉢の底に軽石や鉢底石を
底が見えなくなるくら敷きます。


その上に新しい土を敷きその上に先程の株を入れ
すき間に土を入れていきます。


パキラが傾かないように手で押さえながら
土を入れていくといいです。


株についた土が完全に隠れるくらい
土を入れたら水をあげます。


この時勢いよく水を入れると土が崩れてしまうので
土に水が浸みこむのを確認しながら優しく入れてください。


水を入れると土の中の空気が抜けて土が減るので
減った分を追加します。


最終的に土の高さが鉢植えの縁から2~3cm下になるように
計算して植え替えてください。


その2~3cmがあるかないかで水をあげる時のやりやすさが
全然違うので、必ずそのスペースを空けるようにしてください。


植え替え直後は水はけがよく土も乾きやすいので
土が乾いたらこまめに水をあげてください。


こうやって見るとかなり細かく面倒くさく感じるかもしれませんが
最低限の日当たりと水やりをしておけば大丈夫です。


なのでよくわからなければ、まずは日当たりの良いところにおいて
土が乾いたら水をあげるというスタイルで試してみてください。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメント

  1. […] 100均で大人気のミニ観葉植物「パキラ」の育て方!/がじゅまる […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です