金のなる木の育て方!剪定して挿し木で増やす【観葉植物】別名クラッスラ、花月、フチベニベンケイ

金のなる木

金のなる木葉が肉厚で硬貨に似ていることから、そう呼ばれています。5円玉の穴に新芽を通して売られてることもあります。

細菌ではミニ観葉としても人気でクラッスラの名前で呼ばれたりします。

古い和名は花月で、葉に斑が入るものを花月錦、葉の縁が赤くなるのは紅花月と呼ばれています。

金のなる木の育て方

金のなる木

別名 クラッスラ
花月
フチベニベンケイ
科名 ベンケイソウ科
原産地 南アフリカ
日当たり 日なた、半日蔭
耐寒性 最低5℃以上

自生地では3mもの大きさにまで成長し、日当たりのいい乾燥した地で育ちます。

茎が太く肥大していき、根は自生地では食用にされます。

すごく強い植物なので初心者でも育てられます

大きな鉢のものからミニ観葉としても楽しめ、冬には白やピンク色の小さな花が咲きます。

金のなる木育て方カレンダー

置き場所

部屋に置く場合は日がよく当たる場所に置くようにします。夏に屋外に出すときは強すぎる日光は苦手なので、半日蔭で管理しましょう。

夏の高温多湿で急に弱ることがあるので注意しましょう。陽の光が足りないと間延びして、葉が小さくまばらでひょろひょろとした姿になります。

水を控えて乾燥気味にして霜に当てないようにすれば、0℃に近い温度でも冬越しできます。

花月錦など寒さに当てた方が葉の色が綺麗になる種類もあります

水やり

春から秋にかけては土の表面が乾いてから水をあげるようにします。

かなり乾燥に強いので乾かし気味に育てても大丈夫です。

冬は土の表面が乾いてから2~3日たってから水をあげます。

冬に水をあげすぎると株が弱ってしまうので注意しましょう。

肥料

多い肥料が苦手なのであまりあげずに控えめで育てましょう。

葉の色や成長の具合があまり良くないときは、春に効き目の遅い肥料を与えるようにします。

病害虫対策

虫は付きにくいですが、ごくまれにアブラムシやカイガラムシが付くことがあります。

仕立て直しと増やし方

間延びして下の葉が落ちるとひょろっこい棒のような姿になってしまいます。あまり見栄えが良くないので切り戻して仕立て直します。

地面から7~8cmを残して切るか、枝分かれしている2~3cm上を切ると、切り口の下から新しい芽が出てきます。

株がぐらぐらと揺れるときは日当たりが不足していたり、根が傷んでいる可能性があります。

根詰まりしたら鉢増しする

根詰まりすると水の吸収が悪く、ひょろひょろと情けない姿になります。鉢の底から根が伸びていたら根詰まりの可能性があります。

①根を傷めないように鉢から株を抜きます。鉢から株が抜けないときは無理に抜くより、鉢を割ってしまった方がいいです。

②根鉢を1/3くらい崩し、古い土を軽く落としていきます。

③株の大きさに合わせた鉢に鉢底石を入れて、その上から土を入れます。

④株を真ん中に入れ隙間に土を入れていきます。

⑤たっぷりと水をあげます。

挿し木での増やし方

間延びした茎は剪定して整えていきます。その時に切った茎を挿し木にして増やすことができます。

①元気な茎を5~20cmの長さで切ります。発根しやすいので長めに切るとすぐに観賞できる株になります。

②切った茎の下葉を2~3節分取り除いて、風通しの良い場所に2~3日置いて切り口を乾かします。

③挿し木用の土を湿らせて、棒や割り箸などで穴を空けていきます。

④茎を3cmくらい土に挿し、周りの土を軽く押さえます。

⑤土を乾燥させないようにし、半日蔭で管理します。

約1ヶ月くらいで植え替えられるほどに成長します。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメント

  1. 新元 一郎 より:

    葉が茶色になっていますが、病気でしょうか?

    • あんたけ より:

      色々な原因が考えられますがこの時期なら室内から屋外に出したことで、直射日光で葉焼けしたんでしょうか?根腐れや病害虫の原因も考えられますので注意深く観察してみてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です