観葉植物の虫の予防!上手な薬の使い方は?

観葉植物を育てていると多かれ少なかれ虫が
発生することがある
と思います。


カナブンとかカマキリならまだいいのですが
アブラムシなどのいわゆる病害虫が発生すると
えらいことになります。


大きく元気に育っている植物ならほっといても
意外と大丈夫だったりしますが、小さい植物だと最悪
枯れてしまいます。


それに近くの植物に移ったりするので大丈夫そうでも
何かしら対策する必要があると思います。


そこで今回はどう虫を予防していくのか、
そして上手な薬の使い方をご紹介します。


日頃からチェックして早期発見する

普段生活していると家の中でもクモがいたり蚊がいたりゴキブリがいたり
部屋に侵入する虫を防げないように、植物を育ててる以上虫はどうしても付いてしまいます


それでも観葉植物は他の園芸植物にくらべて病害虫の
発生が少ないです。


なので植物の元気が無い場合は、まず環境や
手入れの仕方を見直して
ください。


日当たりや水やりの仕方などを改善するだけで
元気を取り戻すことがよくあります。


そして最初に言ったように環境や手入れが良くても
虫の被害を受けてしまう
こともあります。


購入前に土に虫の卵が付いていたりだとか
窓から入る風に乗って虫がやってくるとか
いろんな所から虫はやってくるものです。


なので大事なのは病害虫になってしまっても
早期発見をして被害を最小限に食い止めることです。


害虫は葉っぱの裏や株元に付いているのでパッと見わかりません。


なのでいつも目を光らせて植物をチェック
する必要があります。


葉っぱがめちゃくちゃ茂ってる植物の一番見えにくい
葉っぱの裏
とかに卵があったりするので^^;


よく発生するのはアブラムシカイガラムシですね。


これらの虫は早期発見ならティッシュや綿棒で
チョチョイとやれば取れます。


取っても株元に虫が落ちているとまた付いてくるので
確実に退治してください。


植え替えをする時は土に潜んだ虫を発見するチャンスです。


根っこの健康状態と一緒に虫がいないかチェックしましょう。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です