観葉植物は部屋のどんな場所で育てる?

いつも購読ありがとうございます!

観葉植物を上手に育てるには性質に合わせて適した場所に置く必要があります。

見た目のイメージだけで置いてしまうと、日当たりが足りなかったり温度が低かったりして、あんまり良くない環境だったりします。

なのでちゃんと日当たりや温度も考えてあげると植物も元気に育ってくれるので、その辺を注意しましょう。

そして何でもかんでも植物を増やしてしまうと、統一感のないごちゃごちゃした感じになってしまいます。

ジャングルが大好きというなら全然いいですけど、そうでないならボリュームのある鉢をポイントに置いたり、大小さまざまな植物を置いたり高低差をつけると変化があって良くなります。

天井まで大きな植物を一つ置いて空間を演出するのもいいですね。

洗面所やトイレに小さい植物が一つあったりすると、殺風景な印象が暖かみのある空間に変わります

スポンサーリンク
レクタングル大1

観葉植物は部屋のどんな場所で育てる?

リビングルーム

リビングルーム
太陽の光がたくさん入ってくるリビングなら、大きな観葉植物を豪快に置いてもいいと思います。

天上を少し覆うくらいの植物を置いてある部屋を見たことがありますが、部屋の雰囲気を合わせることでなんとも雰囲気のある空間になります。

そこまでいくと部屋に植物を合わせるというよりも、植物に部屋を合わせるという感じです。

小さい鉢や中くらいの鉢を飾るなら、似ている質感のものを使うと統一感が出ていいですよ。

こども部屋

こども部屋
こども部屋に植物を置くときは子供が遊んで倒さないように、小さな鉢は避けた方がいいでしょう。

もしくは簡単には倒れない大きな鉢を置くか、高い所に置くといいと思います。

でも正直こども部屋には置かない方が安心かなと思います。

僕は子供の頃、部屋の鉢植えを散々倒して親にめちゃくちゃ怒られた記憶があります。

僕がこども部屋に植物を置くなら割れない素材の鉢で、ビクともしない大きなものを置きますね。

和室

和室の盆栽
観葉植物ってほとんどが洋風な印象がありますけど、植える鉢を和風にすれば和室にも合うようになります。

和風の鉢は園芸店の盆栽や山草のコーナーで探すと、より本格的な和風鉢が手に入ります。

キッチン

キッチン
キッチンは生活臭が気になるのでアロマティカスなど、良い香りがする植物がおすすめです。

鉢カバーをしたり人工培養土で植え付けると、清潔感があっていいと思います。

水差しにするのもいいかもしれません。

バスルーム

バスルーム
バスルームは高温多湿なので、丈夫で湿度が高い環境を好むシダ類などがおすすめです。

冬はかなり温度が低くなるので、寒くなってきたら耐寒性のある植物に替えた方がいいですね。

トイレ

トイレ
トイレは狭いですが小さい鉢や、上から垂らす釣り鉢にするとじゃまにならずに飾れます。

グリーンネックレスやアイビーなど、ボリュームが出ない植物がおすすめです。

窓がないトイレだと耐陰性があってもずっと置きっぱなしだと元気がなくなるので、たまには太陽の光が入る明るい部屋に置くようにしてください。

玄関

玄関
玄関は家の顔と言ってもいいくらい第一印象を与えるので、おもてなしの心をこめて人をやさしく迎える植物を置きましょう。

玄関の印象に合わせた鉢を使うとより効果的です。

温度が低くなる場所でもあるので、寒さに強い植物を置いた方がいいと思います。

洗面所

洗面所
ちょっとしたスペースがあればミニ観葉植物を置いたりしてみるのもいいですね。

スタンドを使った深鉢に植え付けたりして、高さを変えると変化が生まれます。

釣り鉢を使っても面白いかもしれません。

最後に

いろいろな場所に観葉植物を置くことによって部屋の印象がガラリと変わり、ほっと心地よさを感じさせてくれる空間を作り出してくれます。

ですが第一に考えるべきは植物にとって居心地のいい環境かということです。

見た目のイメージも大切ですが、植物が元気よく育ってくれる姿が一番のイメージアップだと思います。

それを気にし過ぎて置き場所がないと思ってしまうのは残念なので、いろいろ試してみてください。

植物はすぐには枯れたりしないので、元気がなくなってきたら日当たりがいいところに置いてあげたり、元気のあるものをまた日当たりが悪いけど好きな場所に置いてみたり、いろいろ置く場所を変えて植物を上手に育ててみるのも面白いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー