観葉植物の基本的な部屋の置き場所を知ろう!

はじめて観葉植物を育てる時はどこに置いたらいいか
わからない
と思います。


もしくはそんなことも考えずに好きな所に
置こうとしてるかもしれません。


どこに置くかは自由なのですが、あまりにも変なところに
置いてしまうと植物が弱ってしまう
ことがあります。


なので、まずは基本的な置き場所を知ってから
自分の好きな場所で当てはまるところに置くといいと思います。


長く元気に育てる為にまず始めの基本の基本を
おさえておきましょう。

観葉植物に最適な光が当たる場所に置く

植物は太陽の光のエネルギーを使って成長に必要な
養分を作り出しています


ある程度耐陰性はあるので直射日光を浴びなくても
育ちますが、まったく浴びないと育ちません。


なので出来るだけ日光を浴びせる必要があるのですが
植物によって適した光の量が違ってきます。


例えばアジアンタムのような熱帯雨林の樹木の下で木漏れ日を
浴びながら自生している植物は直射日光が逆に強すぎてしまいます。


こういった木漏れ日のような光を半日陰といって
部屋の中で再現するならレースのカーテン越しの光

これに相当します。


そしてヤシの様に背の高い植物は太陽の光をたっぷり浴びて自生していたので
部屋の中でもガラス越しに直射日光を浴びせるくらいが適しています。



明るいリビング
日差しが好きな植物は窓際に置いて、半日陰が好きな植物はレースのカーテン越しか、
窓から少し離れた明るい場所に置きます。


同じ室内でも季節によって光の当たる強さや場所が変わるので注意が必要です。


温度と湿度に気をつける

観葉植物は熱帯や亜熱帯に自生しているので冬の寒さは苦手です。


最近は室内の気密性が高まっているから、暖房をしているリビングなら
相当寒さに弱い植物でない限りは問題なく育ちます。


ただ暖房を切る夜は極端に寒くなるところがあるので
注意してください。



窓際の植物


特に外に面したガラス窓の近くは外の温度と同じくらい
寒くなる場合があるので、真冬の夜は厚いカーテンを閉めて出来るだけ窓から離して
おいた方がいいです。


そして観葉植物を育てるならこの事を常に頭に入れておいて欲しいのですが
温度が低い時は水やりを控えるのが基本です


冬の寒い時に水を上げ過ぎると低温で根腐れを起こし
酷い時には枯れてしまいます。

水やりを控えて土を乾き気味にすると比較的低温にも耐えてくれます。


冬に水をやりすぎて枯らしてしまうパターンが本当に多いので
これを頭に刻み込んでください。



エアコンの風が当たるベンジャミン
エアコンの風が当たる場所やストーブの熱風が当たる場所は
絶対に避けましょう


暖房をすると乾燥が激しいので植物にダメージを
与えてしまします。


こまめに霧吹きで葉水をするように心がけてください。



置く場所によって植物の成長に大きく影響します。


自分の好きな場所に置きたいと思うところがあるとは思いますが
まずは植物の居心地のいい場所を選択してあげてください。


植物が元気な状態なら少しくらい適さない場所に置いても
すぐには弱らないので、状態を見ながら置く場所を替えてもいいと思います。


まずは基本の置き場所をしっかりと覚えておきましょう。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です