観葉植物の肥料をあげる基本的なタイミングとは!

はじめて観葉植物を育てる時は肥料をあげる
タイミングってわからない
と思います。


肥料はあげればいいというものではなく
あげ過ぎると逆に植物にダメージを与えてしまいます。


肥料をあげなくていい時期もあるので
ここで基本的な肥料のあげかたを見ていってください。

成長に必要な成分を肥料で補う

植物が成長するのに最も重要な栄養素は「窒素」「リン酸」「カリ」です。


これらは「肥料の三要素」といわれていて、
土の中で不足しがちです。


植物を元気に成長させるにはこれらの栄養素を
肥料で補ってあげる必要があります。


それぞれの栄養素の役割を見ていきましょう。


「窒素」
主に葉や茎を作る栄養素で葉や茎を大きくします。


葉緑素を作って葉の色を濃くしたりもします。


「リン酸」
主に開花や結実を促進する役目があります。


細胞分裂を盛んにしたり、植物の生理作用を整えたりします。


「カリ」
主に根や細胞の繊維を丈夫にします。


植物の生理作用を調節したり、耐寒性を高めたりします。


肥料の種類や商品によって中に含まれる三要素の割合が違います。


植物の成長の段階によって必要な栄養素が違うので
その段階に合った成分が多く含まれるものを選ぶようにします。


はじめての人は三要素がバランス良く含まれているものか
窒素の量が少し多いものを選ぶと間違いないです


肥料の種類によってタイミングが違う

肥料には2種類あって「有機肥料」「化成肥料」があります。


有機肥料は微生物に分解されてから効果を発揮するので
臭いがしたり効き始めるまでに時間がかかります。


室内で植物を育てるなら化成肥料の方が使いやすいです


化成肥料にも2種類あって固形タイプ液体タイプがあります。


固形タイプは水やりをするたびにゆっくりと溶け出して
長く効くので元肥や追肥に適しています。


そして液体タイプはすぐに効果が出るけど長くは効かないので
植物の成長が盛んな時期に追肥として与えるのに適しています。


肥料の仕方

植物を植え付ける時に土に肥料を混ぜ込むことを元肥といいます。


元肥には根が直接肥料に当たっても
ダメージが少ない粒状のものが便利です。


追肥のタイミングは元肥の効果が薄れるころがベストです


粒状タイプは土にまいて使えるものもあります。


粒状タイプより粒が大きい錠剤タイプ
土の上に置いて使う「置き肥」として使います。


室内で植物を育てる場合には無臭の錠剤タイプが便利ですね。


使い方は鉢の縁に置いてちょっと埋め込むといいです


液体タイプは薄める倍率が決まっていて濃すぎると植物によくないので、
毎回守るようにしてください。


観葉植物の場合は規定より倍に薄めて水やりの
代わりに回数を多めに与える
方が安心して使えます。



肥料を与えるタイミングはどの植物でもだいたい同じです。


ただ成長の段階によって必要な栄養素が変わってくるので
そこだけ注意してあげてください。


正しく肥料をあげて元気に植物を育ててください^^

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です