冬越えに注意すべき観葉植物の種類!

いつも購読ありがとうございます!

観葉植物の最大の難所は「冬越え」です。

夏にはあんなに元気だったのに冬になった途端元気をなくしてしまう植物は意外とあります。

環境にもよりますがもともと寒いのに弱い植物もあります。

ちゃんと管理すれば冬越えすることはできるので、ちょっと気をつけたい冬越しの温度が最低10℃以上のものをピックアップしました。

スポンサーリンク
レクタングル大1

冬越えに注意すべき観葉植物の種類

最低10℃以上になってくると暖かい地方だと室内で管理していれば気にすることはないですが、寒い地方だと何らかの対処が必要になってきます。

冬の寒い時期には温度が下がる玄関や洗面所、部屋の中でも窓際に出来るだけ置かないようにしましょう。

窓際の場合は昼間は日に当たって暖かいのでいいですが、夜は窓際から離れた場所に移動させるように心がけてください。

アデニウム

アデニウム
「砂漠のバラ」といわれるアデニウムは乾燥した地に生育し、鮮やかな花を付けます。

茎は多肉質で株元が壺の様に膨らみます。

葉は茎の先端の方にだけつくのでとても面白い姿になります。

太陽の光を好むので日当たりのよい場所に置いて、夜は寒くなりすぎないように部屋の中の方に入れて下さい。

スパティフィラム


花の様に見える白い部分は「仏炎苞」といって葉が変形したものです。

もともとは熱帯雨林の樹木の下の弱い光の中で生育しています。

出来るだけ日に当てて15℃以上の環境で上手に育てれば毎年、綺麗な花を咲かせてくれます。

フィットニア


葉に美しい網目状の模様が入ることから別名「アミメグサ」と呼ばれています。

成長すると広がりながらこんもり育ち、ボリュームが出て可愛らし姿になります。

日当たりはレースのカーテン越しくらいの光が適しています。

強い日差しには弱いので、直射日光には当てないようにしましょう。

最後に

ここで紹介した植物はすべて冬越し温度最低10℃以上です。

日中は日に当たって暖かいと思いますが夜中は朝まで暖房を入れるわけにはいかないと思うので、出来るだけ暖かい場所に置いてから寝るようにしましょう。

本当に寒くなる地域では部屋用のビニールハウスがあればいいですが、用意できない場合はビニール袋にかぶせて管理するというのも一つの方法です。

植物が元気よく冬を越せるように頑張りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー