室内で育てる観葉植物の水やりのタイミングとは!

いつも購読ありがとうございます!

始めて観葉植物を育てる時は何となく水やりをしてしまいますが、よく水やりで枯らしてしまう人がいます

春から秋にかけての暖かい時期はとりあえず水をあげていれば大丈夫なのですが、冬場の水やりは注意が必要です

ここでは基本的な水やりの方法をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大1

基本は土が乾いたらたっぷりとあげる

植物にとって水は必要不可欠なものですが、常に土が湿っていると根っこが呼吸できずに逆に弱ってしまいます。

水やりの基本は土の表面が乾燥したら鉢の底から水が流れ出るくらいたっぷりあげます

少し水をあげた程度では土が十分に湿らなく、上からざっと水をかけても葉っぱにはじかれて株元に水がかからないことがあるので、葉っぱを避けて確実に水を土にかけるようにしてください。

そして水やりをした後は受け皿の水を必ず捨てるようにします。

水が溜まったままだと根腐れを起こし枯れてしまいます。

それと乾燥した室内は湿度が不足しがちなので、ときどき霧吹きをしたりシャワーなどで全体に水をかけるようにすると植物の周りの空気中の湿度を保つことができます。

この作業のことを葉水といいます。

水やりは季節ごとに変える

春から秋までは植物がどんどん成長するし土も乾くので、水が不足しないようにたっぷりと水をあげてください。

気温が下がってくると植物の成長はゆっくりになるので、徐々に水やりの回数を減らしていきます。

秋から冬にかけては水やりを控えめにしてください。

その時に水の量は今までと変えずに回数だけを控えるようにします。

冬も鉢の底から水が流れ出るくらいたっぷりあげて、土の中に新鮮な空気を入れてあげます。

水やりの仕方

鉢の縁から土までの空間をウォータースペースといいます。

このウォータースペースに水を溜めて、ゆっくりと土に浸みこませていくように水をあげます。

鉢の底から水が流れ出たら、受け皿の水を捨ててください。

吊り鉢は下して水をあげるとやりやすく、鉢全体に水がいきわたります。

夏は乾燥が早いのでバケツに水を溜めて、吊り鉢を沈めて水を吸収させると楽ですよ。

土の乾き具合はわかりにくいので、日ごろから湿った状態と乾いた状態をチェックしておくといいと思います。

土の乾き具合がわからない時は手で触れて確かめます。

吊り鉢をは下から持ち上げて重さを判断するものいいと思います。

人工培養土のセラミスを土の表面に敷いておくと、色の違いで乾いてる状態がわかりやすいです

葉水は霧吹きで葉っぱの表と裏をかけてあげます。

全体を湿らせるようにくまなくかけます。

部屋は乾燥しやすいのでこまめに葉水をしてあげるといいです。

しっかりと葉水をしたい場合は浴室でシャワーを使って全体に水をかけてあげます。

ときどき強めの水流でかけると病虫害の予防になります。

水圧が強すぎると葉を痛めてしまうし、土がはねかえって葉が汚れるので注意してください。

最後に

水やりのタイミングは基本的にどの植物でもあまり変わらないです

この基本的な水やりの仕方をすれば植物は1年間しっかりと元気に育ってくれると思うので、タイミングを守ってやってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー