観葉植物に虫がついてしまった時の駆除方法はこれ!

いつも購読ありがとうございます!

どんなに虫がつかないように管理しても、絶対に虫がつかないということはありません

虫はどこからともなくやってきて、観葉植物についてしまうからです。

家の中に蚊が入ってきたりコバエがいたりアリやクモやゴキブリが出るように、室内の虫の侵入は絶対に防げないものです。

そこでもし観葉植物に虫が発生してしまった時にどう対処すればいいのか、今回は虫の駆除方法をご紹介します

スポンサーリンク
レクタングル大1

観葉植物に虫がついてしまった時の駆除方法

駆除方法は虫によって違ってくるので、それぞれ虫ごとに対処する必要があります

最近の殺虫剤はすべての虫に効くような兼用のものがあるので、何の虫がわからない時や面倒くさい場合はとりあえずスプレータイプの殺虫剤を買ってきてふりかけてみるのもいいと思います。

確実に虫を仕留めたい時はまず何の虫か特定して、それにあった駆除方法をおこなってください。

ハダニ アブラムシ

ハダニとアブラムシは同じ方法で退治するとこができます。

その方法はセロテープ使います。

ガムテープでもいいですがあまり粘着力が強いと植物を痛めてしまうことがあるので、セロテープくらいがちょうどいいです。

やり方は簡単、セロテープで虫を貼り付けます

虫に出来るだけ近づきたくないなら殺虫剤や牛乳と水を1:1で割ったものや、ハダニにはマシン油乳剤などが効果がありますが、セロテープが一番確実です。

殺虫剤などは効き方にムラがあって散布してから様子を見て、効いていないようならまた散布と2、3度繰り返すことがよくあります。

セロテープなら強制的に植物から引きはがすので、一発で駆除くることができます。

簡単に駆除したいなら水で葉の裏を一枚一枚手洗いもしくは、シャワーでざっと洗い流します。

カイガラムシ

カイガラムシは結構やっかいで、メスは死んでも死骸から幼虫が出てくるので必ず駆除する必要があります。

ピンセット一つ一つ取り除いて駆除していきます。

カイガラムシの種類によってはピンセットでは取りにくいのもいるので、他の方法で取ります。

これは結構面倒くさい作業なので、不要な枝に発生している場合は枝ごとバッサリ切り落としてしまってもいいと思います。

あまりにも大量に発生してしまったときは歯ブラシでこすり落として死骸を取り除きます。

そして念の為に駆除後には殺虫剤を撒いて再発生を防ぐといいです。

カイガラムシエアゾールは成分が枝に浸透して1ヶ月は効果があるので、後から発生する虫を退治できます。

コバエ

コバエは土から発生してくるので、まずは発生源から対処していきます。

土の表面から1~2cmのところに卵を産み付けるので、表面の土をごっそり捨てるか、鉢をまるごと水に浸けると卵を駆除できます。

薬を使う場合はダントツ粒剤オルトラン粒剤を散布するといいです。

そして飛んでいるコバエにはコバエジェットを使います。

置くタイプのコバエがポットンだと、意外とポットンしてくれないのでコバエジェットが確実です。

アリ

アリが発生してしまった場合はスーパーアリの巣コロリを使います。

ありの行列ができてしまったらチョークで遮るとそれ以上進んでこないといいます。

チョークの中の石灰成分をアリが非常に苦手としているらしいです。

ゴキブリ

ゴキブリにはやっぱりゴキジェットです。

ゴキジェットの効果は絶大で、僕はこれを開発した人を尊敬しています。

ただゴキブリが発生するのは植物が原因とするものではないと思うので、同時にコンバットなどの置くタイプも使うといいと思います。

ゴキブリは外から入ってくることもよくあるのですが、もし家で発生していたら1匹いれば100匹いるといわれているので、1匹でも見つけたら対策することをおすすめします。

最後に

虫は絶対に発生を防ぐことは出来ないので発見したら、すぐに対処すると二次的な発生を抑えることができます。

発見も早ければ早いほど虫を退治しやすいので、いつも植物を観察して早期発見を目指しましょう。

まずは植物に虫がつかないように対策をすることが大切なので、こちらの記事を参考にしてください。

室内で観葉植物を育てても虫がつかないようにするには?

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー