寒さに弱い観葉植物をチェック!

いつも購読ありがとうございます!

観葉植物の大敵「寒さ」

冬になると急に元気がなくなる植物があります。

どの植物もある程度「耐寒性」はあるので、リビングなど人が集まる部屋に置いておけば寒さにやられることはあまりないですが、極端に寒さに弱い植物もあるので注意が必要です。

寒さ対策が上手に出来なそうなら、まずは購入する前に寒さに弱い植物か確認しておくのが良いと思います。

そこで寒さに弱い観葉植物をいくつか紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大1

寒さに弱い観葉植物をチェック

寒さに弱い植物は基本的に室内で管理するようにしましょう。

そとで育てる場合はビニールハウスが必要になる場合もあります。

これから紹介する植物は、地域によっては室内でもビニールハウスが必要になる場合もあるものです。

用意できない場合はただのビニールをかぶせるだけでも効果がありますので試してみてください。

アナナス


アナナスの仲間は多くの種類があります。

パイナップルもこの仲間で観葉植物としても出回っています。

自生地は熱帯アメリカの湿潤な森で育っていたので、冬の寒さに弱いのは簡単に想像できますね。

環境がいいとどんどん葉を増やして子株も増えていきます。

シッサス


葉の形がアイビーと似ていますがブドウの仲間です。

シッサスは世界に300種類以上もあり主につる性ですが、多肉植物もあります。

成長が旺盛なのでどんどんつるを伸ばして成長していきます。

日があまり入らない所に置くと徒長して樹形が悪くなるので、出来るだけ日に当てるように心がけましょう。

ディフェンバキア


幅広の葉に白や黄色の美しい班が入り涼しい印象を与えてくれます。

大きく育つタイプと小さく育つタイプがあるので、置くスペースを考えて選ぶといいです。

もともとはアマゾン流域の湿潤な森の日陰で育つ植物です。

なので強い光は嫌うのでレースのカーテン越しの光が適しています。

最後に

これらの植物は冬越しする為に10℃以上の温度を必要とします。

冬の寒い時期は昼間は日が当たる場所に置き、夜は出来るだけ寒くなりすぎない場所かビニールをかぶせて温度が下がらないように工夫しましょう。

しっかりと管理すれば元気な姿で冬を越せると思います。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー