サトイモ科の観葉植物の種類をチェック!

いつも購読ありがとうございます!

観葉植物でサトイモ科という種類があります。

葉っぱの形などが特徴的なので、慣れるとすぐに見ただけで何となくわかります。

今回はそんなサトイモ科の観葉植物をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大1

アローカシア


アローカシアは70種近くあって、葉の形や色が違うものがたくさんあります。

クワズイモは聞いたことがあると思いますが、これもアローカシアの一種です。

室内ではカーテン越しの光が適しています。

アンスリウム


花の様に見えるのは葉が変化したもので苞といいます。

仏像の後光を思わせることから仏炎苞と呼ばれています。

室内ではレースのカーテン越しの光が適しています。

スパティフィラム


これも花の様に見えるところは苞で仏炎苞と呼ばれています。

室内ではレースのカーテン越しの光が適しています。

夏に屋外に出す場合は直射日光に当たらない明るいところに置きましょう。

ディフェンバキア


幅広の葉に白や黄色の斑が入って美しい植物です。

大きく育つタイプと小さく育つタイプがあります。

強い光を嫌うので薄いカーテン越しの光が適しています。

フィロデンドロン


こちらはフィロデンドロンのクッカバラという種類です。

フィロデンドロンはつる性と半つる性があり、自生地では他の樹木にからみついて成長します。

室内ではレースのカーテン越しの光が適しています。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー