シダ系観葉植物の種類【3選】

いつも購読ありがとうございます!

「シダ」と聞くと森の中の木々がうっそうと茂っているなかで、少し薄暗い場所でわさわさと生えているあれですよね。

観葉植物にもあれの仲間たちがいます。

今回はそのシダ系の観葉植物をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大1

アジアンタム


アジアンタムはホウライシダ科の植物です。

名前の由来は葉に霧を吹いても水をはじいて濡れないことから、ギリシャ語の「湿らない」という言葉からついたそうです。

室内ではレースのカーテン越しの光が当たる場所に置いてください。

直射日光は苦手なので屋外で管理する場合は、シダのイメージ通り半日陰に置くのがベストです。

でもあまり暗い場所に置くと間延びして軟弱に育ってしまうので注意してください。

水やりは春から秋にかけては土の表面が乾く前にたっぷりと与えてください。

冬は土の表面が乾いてから水を与えます。

アスプレニウム


アスプレニウムはチャセンシダ科の植物です。

全世界に自生している常緑のシダで、日本にもオオタニワタリというものが自生しています。

耐陰性は強いので少し暗い場所でも育ちますが、室内ではレースのカーテン越しの光を当てると丈夫に育ちます。

夏に屋外で管理する場合は明るい日陰に置いてください。

水やりは春から秋は土の表面がやや乾いたら、たっぷりと与えてください。

冬は土の表面が乾いてから1~2日たってから、水をたっぷり与えます。

湿度が高い環境を好むのでこまめに霧吹きで空中湿度を保ってください。

夏は葉水も与えてください。

レザーファン


レザーファンはオシダ科の植物です。

葉がなめし革のような光沢があることから、この名で呼ばれています。

耐陰性があるので少し暗い場所でも育ちますが、光が足りないと葉の色が薄くなり下葉が落ちてしまうので、室内ではレースのカーテン越しの光が当たる場所に置くようにします。

夏に屋外で管理する場合は明るい日陰に置きます。

水やりは春から秋は土の表面が乾く前に、たっぷりと与えてください。

冬は土の表面が乾いてから水を与えます。

葉が乾燥し過ぎると枯れてしまうので、夏は全体的に水をかけて葉水をし、空気が乾燥する時期は霧吹きをこまめにかけて湿度を保ちましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー