観葉植物に白い糸をひく小さな虫が発生した時の対処法!【ハダニ】

いつも購読ありがとうございます!

観葉植物を育てているとクモの巣のような白い糸をはっている時があります。

普段生活しているとクモって家の中に結構いるので、クモの仕業の時もありますが。

葉っぱ付近に白い糸がはっていたら、だいたいはハダニの仕業です。

葉っぱの裏を見てみると黒い小さな虫がうじゃうじゃとしています。

放っておくと植物が病気になったりするので早めに対処しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大1

観葉植物に白い糸をひく小さな虫が発生した時の対処法

ハダニの白い糸

まずハダニかどうか確認する為に葉っぱの裏を見てみましょう。

直接触っても害はないですがちょっと気持ち悪いので覚悟してください。

黒や赤い小さな虫がいっぱいついていたら間違いなくハダニです

ハダニ
赤いハダニ

ハダニと特定できたら駆除していきます。

ハダニの駆除方法

ハダニを駆除する方法はいくつかありますが、それぞれの状況に応じて使い分けます。

セロテープで貼りつける

これが一番手っ取り早いと思いますが虫に触ってしまうこともあるので、虫が大丈夫な人にはおすすめです。

ハダニは集団で葉っぱの裏についているので、セロテープで一気にくっつけてしまうという方法です。

ガムテープや他の粘着テープでも出来ますが粘着力が強いと植物を痛めてしまったり、取れなくなったりするので注意してください。

水で流す

ハダニは水に弱いので一気に水で流すことが出来ます。

葉の裏までかかるように上からも下からも、出来ればピンポイントでかけていきます。

ハダニがいないところもしっかり水をかけると予防にもなります

濡れたティッシュで拭き取ってそのままポイしてもいいです。

マシン油乳剤をつかう

マシン油乳剤

機械の油を園芸用の農薬にしたのがマシン油乳剤です。

ハダニの呼吸する穴をふさいで窒息させるので、基本的にどのハダニにも効果があります

普通の農薬なので園芸店で売ってます。

油を使うのが怖いなという場合は、でんぷんを使っている粘着くんというソフト農薬があります。

photo by:http://farmtop.jp/SHOP/N000691.html

殺虫剤をつかう

ハダニスプレー

そのまま吹きかけるだけの簡単スプレータイプです。

楽ちんですがハダニはいろいろな種類があるので、殺虫剤が効かないことがあります

ハダニの種類ごとにも殺虫剤がわけられているので、まずハダニの種類を特定しなければならないという試練があります。

photo by:http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00377.html

最後に

他にも牛乳や酢を薄めたものを吹きかけるという方法もありますが、臭いのでここではおすすめしません。

ハダニは生まれてから10日で成虫になるので、普段から葉水をして予防しておきましょう

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー