室内で楽しむ観葉植物の飾り方の工夫!

観葉植物を買ったはいいけど置く場所に困ったことありませんか?


ものすごく広い部屋ならそんな悩みは起こらないと思いますが
あまり広くない部屋では植物の置き場所は死活問題です。


そこで今回は置き場所をどうするべきか
観葉植物の飾り方の工夫の仕方をご紹介します

室内で楽しむ観葉植物の飾り方の工夫

せっかく観葉植物を飾っているのに邪魔になったり
ただ並べてあるだけでごちゃごちゃしてたらもったいない
ですよね。


出来るだけ生活のスタイルに合わせて部屋の良く通る
動線には大きな植物は置かないとか考えて置く必要があります。


置くところがなかったら吊り鉢を使ったり
棚の上に置いたり工夫するといいですね。


インテリアとしては深鉢を使ったりして高低差を
付けると変化が出て面白いと思います^^


それと見落としがちなのが受け皿です。


意外と受け皿に気を遣わない人が多いですけど
受け皿と鉢とそろえるだけで全然印象が変わるので、ここまで
こだわって欲しいです。


観葉植物は植物自体だけでなく全体の印象が大事で
部屋とマッチしていると、ものすごい魅力を発揮しますので
すべてをこだわるようにしましょう。

大きな鉢は楽に移動できるように

大きな鉢は空間に広がりを出すためにコーナーに置くといいのですが
部屋の隅はあまり光が当たらないので、日光不足になりがちです。


大きいので移動するのも大変だしいちいち日当たりのいい所に
運ぶのも一苦労です。


そこでキャスター付きの台に載せれば簡単に動かせるようになるので便利です。


床に段差があるとキャスターの効果が発揮できませんので、
移動したい場所までは段差がないようにすると移動が楽になります。


鍋敷きを利用して直置きを避ける

鉢のサイズやデザインに合う受け皿が見つからなくて
じかに置くしかないという時は鍋敷きを使うといいです。


水をあげた直後だと水がたれてしまうので、しっかりと水と
切ってから置くか、ティッシュを一枚かませて
置くといいですよ。


こういったワイヤー鍋敷きはキッチン用品売り場や
通販でいろいろな種類が手に入ります。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です