観葉植物を育てるコツは自生地を知る!

観葉植物をなかなか上手く育てられない人って
結構いますよね。


何も考えずに適当に世話してるのに
どんどん育ててしまう人もいれば、絶対に枯れないような
強い植物をいとも簡単に枯らしてしまう人もいます。


私の知り合いに一人います^^;


いろいろ原因があるとは思うのですが
まずは根本的なところを考えてみてください。


観葉植物を上手に育てるコツは
観葉植物のふるさと(自生地)を知る
ことです。


もともと自生地で育っていたわけですから、その環境に
近づけることで上手に育てることができます。


どの環境でどんな植物が自生しているのかを
知ることが第一歩となる
ので見ていきましょう。

観葉植物の自生地

密林

観葉植物の自生地の多くは熱帯雨林や亜熱帯ですが、
その中でも育つ場所によっては日の当たり具合などに違いがでてきます。


熱帯以外の自生地の植物もあるのでチェックしてみましょう。


熱帯雨林の樹木の下に自生する植物


アジアンタム
アスプレニウム
アスプレニウム

カラジウム

フィットニア

プテリス

レザーファン

これらの植物は弱い光と湿気を好みます


熱帯雨林は赤道周辺にありいわゆる
ジャングルと言われているものです。


平均気温が18度もあり年がら年中雨が降っている
高温多湿の蒸し暑い環境です。


そこで育っている樹木の下で自生しているので
生い茂った葉のすき間からもれる木漏れ日しか当たりません


なので弱い光の中でも育つことができるんですね。


部屋で育てるときはレースのカーテン越しの
くらいが丁度いいです。


熱帯雨林の樹木の上に自生する植物


アイビー

アンスリウム

シンゴニウム

フィロデンドロン

ポトス

モンステラ

これらの植物は少し弱い光と湿気を好みます


ジャングルに育つ樹木に張り付いて育つので
先程の植物よりは少し光が当たる環境にいます。


なのでやや明るい光で育ちます。


張り付くといえばつる性の植物ですが、それだけでなく
地面に生えている植物も気根(茎の途中から出てくる根っこ)を出して
よじ登ることもあります。


毎日スコールが降るのでかなり湿度は高い環境です。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です