色違いがいい!葉の形は同じだけど色違いの観葉植物の種類!

何気なく植物店を見ていると自分の持っている
観葉植物と形は同じだけど、まったくの色違い

に遭遇することはありませんか?


え~っ!こんな色あり?!
という事がよくあります。


こっちの色の方がよかった。。
というと今の植物に失礼ですが^^;


でも色が違うだけでかなり
雰囲気が変わってくるので一目惚れ
してしまうこともあります。


ということで今回は葉の形は同じだけど
色違いの観葉植物の種類をいくつか
ピックアップしてご紹介します

葉の形は同じだけど色違いの観葉植物の種類

ポトス

観葉植物ではおなじみのポトス。


育てやすく増やしやすい
初心者にはオススメです。


緑色の普通のポトスと黄緑色の
ライムはよく見ますが、他にもいろいろ
あるんですね。


新品種がいっぱいあって
エクセレントにエンジョイにマーブルクィーン。


もはやどの辺がどう違うのか
よくわかりません^^;

まだまだいっぱい種類があるみたい
なので、お部屋に合わせて色を決めても
いいのではないでしょうか

カラジウム

カラジウムは緑に赤という
イメージでしたけど、こんなにも
白が入ってくるんですね。


こんなにもカラフルだと
数種類を寄せ植えにしても楽しめます


ちょっと血管みたいに
なっているのが気持ち悪ですが^^;


種類も豊富でレッドフラッシュ、
フレイダヘンペル、ホワイトクイーン、ホワイトハート、
フロリダスィートハート、ムーンライトと覚えきれません。


サトイモ科の球根植物なので
夏の観葉植物として親しまれています。

シンゴニウム

シンゴニウムもサトイモ科の
植物です。


カラジウムと似てますよね。


この種類のものは同じなのか
シンゴニウムもいっぱい色があります。


ホワイトバタフライ、パンダ、
ピンクバタフライ、イエロー、チョコレート、
まだまだあります。


面白いのはチョコレートは
表は緑で裏が赤という、ピンクバタフライの
逆パターンなんです^^

次は超希少種のある観葉植物をご紹介します。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です