そもそも観葉植物とは何なの?

観葉植物っていいですよね。


部屋に植物があるだけで雰囲気が変わり
とても豊かな気持ちになります。


今では園芸店だけでなくスーパーや100均でも
見られるようになったので誰でも気軽に手に入れることが
出来るようになりました。


そのおかげで観葉植物を育てたことのない人も
購入することが増えて
きました。


植物の素晴らしさや育てる事の楽しさを
いろんな人に知ってもらえるのはとても本当に嬉しいことです。


そこで育てる前にそもそも観葉植物って何なのか
知って欲しいと思います。


スーパーなどで売られているものは丈夫なものが多く
誰にでも育てることはできます。


でも観葉植物とは何なのかを知っておくことで
さらに興味を持つようになり、どう育てたらいいのか
おのずと見えてくる
はずですから。

観葉植物とは

そもそも観葉植物は何かというと「葉を鑑賞する植物」
ということです。


植物は基本どこでも育てられるので
室内や庭や畑などで育ててる人がいると思います。


その中でも室内で育てる植物を主に「観葉植物」
といいます。


なのでくくりが曖昧なところもあり
なんでも室内に入れてしまえば観葉かといえば
そういう訳ではありません


室内で育てるということは室外で育てるよりも
確実に日の光が当たらないので、耐陰性(日陰に耐える)がなくてはなりません。


そうでないと部屋にいれたとたんに枯れてしまうからです。


部屋の明るい所に置いておけば耐陰性なくても
育てることは可能ですが、それでも日の光が足りずに弱ってきます。



熱帯雨林


そして植物の多くは熱帯や亜熱帯で自生しているものが多く
寒さに弱い
ものが多いです。


室内でなければ冬を乗り越えられないという
ものも多いので、部屋で育てるべき植物ともいえます。


しかし最近では世界中のいろいろなところから
植物が入ってくるので、この基準では一概にくくれなくなって
いる
のが現状です。


耐陰性がないものや15度以上ないと弱るものもあるので
部屋の中とはいえしっかりとした管理が必要なものまであります。


いくら暖房があるとはいえ1日24時間、室温を15度以上に保つこと
は難しいですよね。


観葉植物と一言で言っても性質は様々なんですね。


こうなってくると最初に言った部屋の中に入れてしまえば
なんでも観葉植物になるということになりそうですよね^^;


なので基本的には「耐陰性があり乾燥に強く熱帯や亜熱帯で
自生している、室内で育てるのに適している葉を鑑賞する植物」
としておいて
後は自由に自分が好きな植物を部屋の中でも外でも鑑賞して楽しめばいいと思います。


私は基本的に道端に生えている草や木も
観葉植物だと思っています^^

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です