そもそも観葉植物とは何なの?

いつも購読ありがとうございます!

観葉植物っていいですよね。

部屋に植物があるだけで雰囲気が変わり、とても豊かな気持ちになります。

今では園芸店だけでなくスーパーや100均でも見られるようになったので、誰でも気軽に手に入れることが出来るようになりました。

そのおかげで観葉植物を育てたことのない人も購入することが増えてきました。

植物の素晴らしさや育てる事の楽しさをいろんな人に知ってもらえるのは、とても本当に嬉しいことです。

そこで育てる前にそもそも観葉植物って何なのかを知って欲しいと思います。

スーパーなどで売られているものは丈夫なものが多く、誰にでも育てることはできます。

でも観葉植物とは何なのかを知っておくことでさらに興味を持つようになり、どう育てたらいいのかおのずと見えてくるはずですから。

スポンサーリンク
レクタングル大1

観葉植物とは

そもそも観葉植物は何かというと「葉を鑑賞する植物」ということです。

植物は基本どこでも育てられるので、室内や庭や畑などで育ててる人がいると思います。

その中でも室内で育てる植物を主に「観葉植物」といいます。

なのでくくりが曖昧なところもありなんでも室内に入れてしまえば観葉かといえば、そういう訳ではありません

室内で育てるということは室外で育てるよりも確実に日の光が当たらないので、耐陰性(日陰に耐える)がなくてはなりません。

そうでないと部屋にいれたとたんに枯れてしまうからです。

部屋の明るい所に置いておけば耐陰性なくても育てることは可能ですが、それでも日の光が足りずに弱ってきます。

熱帯雨林

そして植物の多くは熱帯や亜熱帯で自生しているものが多く、寒さに弱いものが多いです。

室内でなければ冬を乗り越えられないというものも多いので、部屋で育てるべき植物ともいえます。

しかし最近では世界中のいろいろなところから植物が入ってくるので、この基準では一概にくくれなくなっているのが現状です。

耐陰性がないものや15度以上ないと弱るものもあるので、部屋の中とはいえしっかりとした管理が必要なものまであります。

いくら暖房があるとはいえ1日24時間、室温を15度以上に保つことは難しいですよね。

観葉植物と一言で言っても性質は様々なんですね。

こうなってくると最初に言った部屋の中に入れてしまえばなんでも観葉植物になるということになりそうですよね。

なので基本的には「耐陰性があり乾燥に強く熱帯や亜熱帯で自生している、室内で育てるのに適している葉を鑑賞する植物」としておいて、後は自由に自分が好きな植物を部屋の中でも外でも鑑賞して楽しめばいいと思います。

私は基本的に道端に生えている草や木も観葉植物だと思っています。

観葉植物のふるさとの環境を知る

観葉植物を上手に育てるコツはその植物のふるさと(自生地)の環境に近づけるということです。

どういうことかというと、植物はもともと自生地で育っていたので、その環境に近ければ自然に育っている状態で成長することができます。

そうすることで植物はストレスを感じることなく元気に育ってくれます。

熱帯のジメジメした環境で育つ植物と砂漠のカラッカラの環境で育つ植物では、育ちやすい環境がまったく違うのは簡単に想像できますよね。

なのでまずは自分の育てている観葉植物はどこで自生しているのかを知り、もし熱帯雨林に自生する植物なら、霧吹きなどで空気中の湿度を補ってあげる必要があります。

そして基本的にはいろいろな環境で育ちますが本来の成長の仕方も知ることが大事です。

本来は十何mの巨木になる植物も店頭に並ぶ時は手のひらサイズで売っています。

本来の成長の仕方を知らないと、小さいと思って侮っているとあっという間に大きくなって管理が大変になってしまいます。

そして1mくらいの大きさの植物でもそれが本来の姿なら、そのままの大きさを維持するのはそれほど大変ではありません。

もし長く育てるつもりなら買おうとしている植物が本来どれくらいの大きさになるのかなど、本来の姿を事前に知っておくことで計画的に選ぶことができます。

管理の良し悪しを植物は語っている

普段植物と関わらない人にとって、観葉植物が一番身近な存在だといえます。

そんな身近な存在だからこそストレス社会で生きている私たちを癒してくれる存在です。

でもただ部屋に植物を置いているだけではそういった効果は得られません

観葉植物は元気で生命力あふれる姿がエネルギーをくれるのです。

元気に育つ植物を見ると嬉しくなるし育てるのが楽しくなりますよね。

逆に元気がない植物を見ると悲しくなるし育てるのも嫌になります。

観葉植物は言葉は話しませんが、その姿で「この環境いいなぁ」とか「ちょっと居心地悪いんですけど」など自分の状態を教えてくれます

いい環境でいい管理をすると植物は元気に育ち、美しい姿を見せてくれます。

逆に環境や管理が悪いときは、植物の姿が体調不良のようにおかしくなってきます。

植物は大きな変化がなくても、いつもサインを出し続けています

日頃からチェックして葉がくすんできたり色が変わってきたり、些細なサインも見逃さないようにしなければいけませんね。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー