まだ間に合う!まだ見れる関東の紅葉!2015年の見頃は?

いつも購読ありがとうございます!

この時期、私たちの目を楽しませてくれる紅葉

この週末各地でもみじ狩りをする人たちの姿が見られましたが、2015年今年の紅葉には異変が起きています。

今月暖かい日が続いたため都内の名所では、紅葉の色付きに遅れが出ているというのです。

ということは、紅葉のシーズンに間に合わないと思って諦めていた人もまだ見れるということですね。

今回は紅葉の色付きが遅れていて、これからでもまだ間に合う紅葉スポットをご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大1

まだ間に合う「六義園」の紅葉

毎年20万人が訪れる都内の紅葉の名所「六義園」

今年も多くの観光客が押しよしていたのですが、例年にくらべ紅葉の色付きに遅れが出ているというのです。

六義園の紅葉

右が例年の紅葉で左が昨日のですが、まだ全然色付いてない感じですよね。

見に来ていた観光客は「もうちょっと色付いてたら良かったな」と残念がっていました。

今月は暖かい日が続いたことに加え、日照時間が少なかったことが色付きの遅れの原因だといいます。

六義園の紅葉はまだもう少し後に行っても間に合いそうですね。

まだ見れる「箱根」の紅葉

一方でこの週末に大勢の観光客を集めたのが「箱根」です。

11月20日に噴火警戒レベルが1に引き下げられたことが連休のタイミングと重なり観光客が急増しました。

今年の6月から火山活動への警戒が続いていた箱根ですが、今週末はピーク時の約70%まで客足が戻り、地元の人たちも喜んでいました。

箱根では9月頃から急に気温が下がったこともあり、例年よりも早い紅葉を迎えました。

箱根美術館の紅葉

ここは170本の紅葉が自慢の箱根美術館で、もみじ狩りを楽しむ客で大賑わいでした。

ここのところ気温が下がってきたので、紅葉の色がかなり良くなっているということです。

箱根は紅葉が色付いたばかりなので、急げばまだ見られそうです。

まだ間に合う「養老渓谷」の紅葉

千葉県の大多喜町で開催されている「養老渓谷もみじまつり」

関東一遅い紅葉として知られていて、例年はこの時期に七色といわれる程の鮮やかな紅葉が街を彩ります。

そしてもみじまつりの会場も紅葉スポットの一つとなっていますが、周りの景色を見てみると紅葉が遅れているのがわかります。

養老渓谷の紅葉

上が例年の紅葉で下が今年のものですが、周囲の木々はまだ青々としているのがわかります。

町一番の紅葉ポイントでもある粟又の滝周辺も、例年にくらべ色付きはまばらです

養老渓谷の紅葉が色付くのはまだまだ先になりそうなので、ゆっくりと計画してからでも
間に合いそうですね。

それではなぜ今年は紅葉が遅れているのでしょうか。

それは紅葉ならではの8度の法則というものが関係していました。

今年の紅葉が遅れている理由

今年の紅葉が遅れている理由は、関東地方は11月になっても気温が平年よりも高い状態が続いているのが原因です。

さらに紅葉にはある条件が必要だといいます。

紅葉というのは一般的に最低気温が8度を下回ると色付くと言われています。

平年では11月の半ば頃から8度を下回ってくるんですが、今年は8度を下回った日が一度もない状況です。

今月は寒かったという日でも最低気温は11度とかで、8度を下回っていませんでした。

その影響からイベントスケジュールの変更を余儀なくされる紅葉スポットもありました。

まだ間に合う「高幡不動尊」の紅葉

五重塔と紅葉のコントラストが美しい関東三大不動の一つ、東京都日野市にある「高幡不動尊」

高幡不動尊の五重塔のライトアップ

目玉は境内全体が紅葉と共に真っ赤に染まる夜のライトアップですが、今年はまだまだ青葉が目立つ状態です。

そこで12月6日までライトアップを延長する予定ということです。

12月6日には五重塔と紅葉が真っ赤に染まるライトアップが楽しめそうですね。

2015年の見頃は

そして今後の東京の最低気温ですが、11月28日にようやく7度になるという予想なので、12月の上旬には美しい紅葉が期待できそうです

今年まだもみじ狩りをしてない方はまだまだ間に合うので、週末にでも行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー