ダイソーにある気になるミニ観葉植物の種類は?

いつも購読ありがとうございます!

私はよくダイソーに行くのですが、最近ではいろんな種類の観葉植物が増えてきました。

大きい店舗に行くと植物屋並みに、植木から土から何なら何まで置いてあります。

毎年変わるラインナップは宝の山に見えます。

そこで今回は僕が気になっているミニ観葉植物をいくつかご紹介します

スポンサーリンク
レクタングル大1

ピンポンの木

ピンポンの木
この名前を聞いて卓球を思い浮かべました?

僕はもろそう思いました。

ピンポン玉のような実がなるのかなと。

でも実はピンポンとはまったく関係がないそうです。

中国語で「蘋婆」(ピンポー)と呼ばれているので、ピンポンの木になりました。

耐陰性があるので部屋の中で育てられますが、寒さには0度まで耐えられるけど8度以下で葉が落ちてしまいます。

面白い木の形をしているので、観葉植物として価値が高いです

それが100円で買えてしまうので、売っていたら即買いですね。

ジャカランダ


ジャカランダはノウゼンカズラ科の別名キリモドキといいます。

花の色が藤色で淡く神秘的に美しいそうです

満開の時には木を覆う程咲き乱れ、「世界三大花木」の一つとして親しまれています。

それがダイソーで売ってるなんて。

観葉植物として育てるには日当たりが不足すると成長が悪くなるので、生育が盛んな時期には外に出すと元気に育ちます。

寒さに強いので防寒をすれば、外でも冬越えすることは可能です。

花は大きく育てないと咲かないようなので、自宅で咲かせるのは根気がいります。

目安は幹が大人の手首くらいの太さなので、けっこう頑張らないと。

ラカンマキ


生垣によく利用されるラカンマキです。

生垣に利用されるくらいなので成長すると背は高くなり、目隠しできるように葉が密集して生えます。

生垣として買うと結構お値段は高いので、即戦力にはならないけどダイソーで買って育てるのはどうですか?

時間はかかりますけど100円です。

最後に

こうして見ると結構高価なものがダイソーには置いてあります

植物はやっぱり育って大きくなっていくほど値段は高くなっていくものですね。

手が出ない植物も小さいうちなら入手しやすいのかも。

ダイソーも意外とあなどれません。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー