種類と名前がわからないミニ観葉植物を写真でチェック!

いつも購読ありがとうございます!

よくスーパーで売られているミニ観葉植物。

親切なお店では名前を書いてくれてますが、意外と名前がわからない場合が多いみたいです。

育て方の説明が書いているならかろうじて育てられますが、何かトラブルがあった場合には対処ができません

やはり名前がわかった方がしっかりと育てることが出来るので、出来るだけ知っておきたいものです。

ということで、今回はミニ観葉植物として売られていて、種類も名前もわからないことがよくあるものをご紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大1

ステレオスペルマム


ステレオスペルマムは葉の形が特徴的で、幼葉が可愛く人気のミニ観葉植物です。

成長して大人になると葉が大きくなり緑色も濃くなり存在感が出てきます。

成長が早いので日当たりを良くしておくとどんどん伸びてきます。

でも直射日光で葉が日焼けしてしまうので、レースのカーテン越しとかの明るいところで管理します

どれくらい大きくなるかというと、10mくらいの大木になるポテンシャルがあるので、室内で育てても2mはかるく超えてきます。

育てやすい植物なので初心者にはおすすめです。

シマトネリコ


シマトネリコはミニ観葉植物とはいっても結構な大きさで売られてることがよくあります。

もともとは沖縄の植物なので、暖かいと大きく成長します。

最近ではお洒落なお店のシンボルツリーとしてよく見かけますよね。

沖縄の植物とはいえ夏の直射日光ではやられてしまうので注意してください。

この木は大きく育てることで魅力が倍増します。

際限なく育てれば15mくらいの大木にすることもできます。

コーヒーの木


コーヒーの木は葉っぱのツヤ具合が他の植物とは違うので、すぐにわかると思います。

本当にツヤッツヤです。

ほとんどが何本かの束で扱われているので、一本だけで売られてるのはあまり見た事がないです。

コーヒーの木はその名の通り、コーヒー豆が取れる木です。

日本に出回っているものはモカとかブルーマウンテンの木がほとんどなんで、大きく育てて豆を収穫できたら面白いですよね。

最後に

私がミニ観葉植物を買うのはだいたいがサミットというスーパーです。

スーパーには地元の農家さんとか園芸やさんとの繋がりで置いてあるので、お店によっては置いてる植物が全然違うと思います

なのでたまには違うお店に行ってみると新しい出会いが待っているかもしれませんよ。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー