初心者でも育てられる人気の観葉植物の種類と育て方3選

いつも購読ありがとうございます!

観葉植物を部屋に置きたいけどまめじゃないからすぐに枯らしてしまうかもと、なかなか一歩を踏み出せないという人もいるみたいです。

でも大丈夫!

今回は初心者でも育てられる観賞植物を、人気のあるものを3つご紹介します。

面倒くさがりな人でも大丈夫ですよ。

しかもどれも百均で買えるので敷居も低く、誰でもお手軽に試すことができます。

スポンサーリンク
レクタングル大1

シェフレラ

育てやすさナンバーワンと言っても過言ではありません。

逆に枯らす方が難しいほど丈夫な植物です。

水あげとか面倒くさいけど観葉植物が欲しいって人がいたら、真っ先にこのシェフレラを勧めます。

シェフレラは乾燥に強く、日陰に強く、寒さにも強い三拍子そろった植物でとても育てやすいです。

たまに水をやっておけば、ある程度放っておいても勝手に育ちます。

パキラ

見た目もオシャレで育てやすいのがこのパキラです。

日陰に強いので部屋のどこにでも置けるし、乾燥や寒さにも強いので室内なら冬越えも問題ないです

成長が早いので日当たりの良い所に置くと、葉っぱがどんどん増えて見応えのあるボリューム満天のパキラになります。

ある程度放っておいても大丈夫ですが、葉っぱが落ちて元気がなくなってきたら水をちゃんとあげて、日当たりの良い場所に置いてあげましょう。

管理が簡単で見た目もオシャレなので、贈り物には最適です。

ポトス

ポトスはツル性で葉っぱの美しい、育てやすい観賞植物です。

成長するとツルがどんどん伸びてくるので、上から垂らしたりヘゴ支柱に巻き付けて、上に伸びるようにして楽しむことができます。

前の2つよりはちょっと気を遣わないといけないですが、それでも耐寒、耐陰、耐乾燥と管理はしやすいです

ツルを切って節の部分を土や水に突っ込んでおけば、そこから根が伸びてどんどん増やすことが出来ます。

基本的な観葉植物の育て方

観葉植物は「水やり」「温度管理」「日光」に気をつけておけば、ある程度放っていおいても大丈夫なので管理が楽になります。

水やり

水やりは土が乾燥してきたらたっぷり水をあげます。

あまり水を上げ過ぎると根腐れの原因となります。

土の表面がカラッカラに乾くまで水を上げないのがポイントです

水を上げた後は受け皿の水を捨てないと、これも根腐れの原因となるので面倒くさいけどこまめにやりましょう。

温度管理

私の大好きなガジュマルが沖縄の植物であるように、他の観葉植物も温かくてジメジメした環境を好みます。

なので冬の寒さに耐えられずに枯れてしまう植物もあります。

冬は室内の温度が下がり過ぎないように、そして気温差の激しい窓際に置かないように気を付けてください。

そして温かくしようと思って暖房の温風を直接植物に当てると、葉っぱが乾燥して枯れてしまいます

優しさでやった事が裏目に出ないように、直接風を当てないでやってください。

日光

私たち人間と同じように植物も太陽の光が必要です。

日陰に強い植物でも太陽の光を浴びないと、不健康になってしまいます。

なので直接の日光でなくて良いので、室内の明るい場所にたまには置いて、しっかりと光合成させてあげてください。

そしてまた優しさで日光をガンガンに浴びさせてしまうと、葉が日に焼けて真っ白になって枯れてしまいます

ずっと部屋にいた植物は直接の日光に弱いですので、外に出すなら明るい日陰に置いてください。

スポンサーリンク
レクタングル大1
レクタングル大1

いつも購読ありがとうございます!

RSSで更新情報をフォロー