室内で観葉植物を育てても虫がつかないようにするには?

観葉植物を育てていて虫がつかないように
するには土を対策する
必要があります。


買った時にすでに土に虫の卵がついていたりすると
家に帰った後に虫が大量発生することも。


植物自体にも虫がつきやすいつきにくいは
ありますが、室内であればそこまで違いが出るものではないです。


今回は虫がつかないように土を対策する方法や
管理の仕方
をご紹介します。


観葉植物に虫がつかないようにするには

虫がつかないようにする前に買う時に虫がついていないものを
買う
必要があります。


虫がついていない観葉植物の選び方は
こちらの記事を参考にしてください。

虫がつかないようにする観葉植物の買い方!

虫がつかない土に植え替える

虫がついていない植物を買って植え替えない場合は
そのまま置いてても、あまり虫は発生しないので大丈夫です。


そして植え替える場合どの土がいいかというと
市販の観葉植物の土か自分でブレンドして作った土です。


土は水はけがよく清潔でないと虫やカビが
発生してしまうので、その点は市販の観葉植物の土で大丈夫です。


観葉植物の土は100均でも売っているものでも
何でもいいです。


自分で土をブレンドする場合はピートモス
バーミキュライトパーライトを使います。


私のオリジナルの配合ですが保水性・通気性・保肥性・無菌
を最高に高めた土になります。


ピートモス:バーミキュライト:パーライトを
1:2:2の割合でブレンドします。


私がこの土を作った一番の理由は土がめちゃくちゃ軽いからです。


大きな鉢が重くていつも移動が大変だったんですが
この土に変えてからすごく楽になりました。


普通の土のだいたい半分くらいの重さになるので
鉢を軽くしたい場合はお試しください。


ただ水はけが抜群なので水やりのときに
水が素通りする感覚になります^^;


ウォータースペースに水を溜めることは不可能くらいの
水はけなので、全体的にしっかりとかけて土に水を吸わせてください


根が全体にはってくるとちょうどいいくらいの水はけになります。


自分で土を作る時に腐葉土堆肥は虫が
つきやすいので注意してください。


そして植え替える時の注意ですが、基本的にそのまま
植え替えてもいいのですが、虫がついてそうな土や念には念を入れて
おきたい場合は、植物の土を全部落としてから植え替えてください。


元気がない植物の土を全部落とすと枯れてしまう恐れがあるので
元気がある植物に限り試してください。


そして植え替えの時期はかならず守って
冬には植え替えないようにしましょ。

Sponsored Link
レクタングル大1
レクタングル大1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Sponsored Link
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です